November 14, 2007

ガバガバ

クリスタル・ケイは自分のことを「クリちゃん」と呼んでほしいそうです。
もし彼女を街で見掛けたら、多摩川に現れた「タマちゃん」の時のように、「ク〜リちゃ〜ん」と大声で呼んであげましょう。


さて、ヒロキジーニョの車の傷を気の済むまでジックリと鑑賞した後、晩飯をいつもの焼鳥居酒屋で採ることはお決まりコースだったが、それにはまだ空が明るすぎる。
そこで、友人Yも合流して3人で伊丹市の某大手のカラオケで時間を潰すことにした。

ヒロキジーニョにはRIP SLYMEの「FUNKASTIC」を再び歌わせた。
やはり歌えなかった、というか朗読していた。
KREVAの「国民的行事」を歌ったボクも大概歌えてなかったけど。
友人Yが歌ったBank Bandの「to U」も、やはり小梅太夫にしか聞こえなかった。
即ち、皆グダグダだったわけ。
ボクがGReeeeNの愛唄の1番を歌い終わったところで、喉が千切れるような痛みに襲われてテンションが下がる「グダグダ駄目押し」をかまして、居酒屋へGOした。

この某大手のカラオケは飲み放題にするか否かを入店時に決めなければならない。
ヒロキジーニョと友人Yがそんなにがぶ飲みしないというので、飲み放題を拒絶。
部屋に入ってワンドリンクを注文することに。

飲み放題を拒否したからには、ワンドリンクで3時間を凌がなければならない(ケチ臭い話だが)。
況してやこの後、焼き鳥居酒屋で酒をがぶ飲みするんだから、ここでは少量に抑えたい側面もある。

そこで3人が満場一致で下した決断は「ジャンクリ3つ」。
これなら3時間を凌げる。
「ジャンクリ」とは「ジャンボクリームソーダ」の略であって、ジャンボな他の物の略ではない、念のため。

ボクとジャンクリとの出会いは約6年前に遡る。
新宿歌舞伎町のシダックスで友人YとY野の3人で注文した。
おそらく、ジャンクリがメニューとしてデビューして間もない頃だと思う。
運ばれてきたジャンクリを目の当たりにして我々は手を叩きながら大笑いし、運んできた店員のにいちゃんは、「これ、お前たちは飲み干せるのか?」と言いたげな半笑いだったことをよく覚えている。
あの時は夏で、喉もカラカラに乾いていたので飲み干せた。
にいちゃんに対する意地が芽生えていたことも否定しない。

その時以来の再会である。  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

March 05, 2007

延長料金

皆様は自分の住む町についてどれくらいご存知でしょうか?

大阪府北部を南北に貫く自動車専用道路・新御堂筋。
その北端は、ボクが棲息している猿と紅葉と滝と西川きよしと笹川良一でその名をちょっとだけ馳せている箕面市である。

この新御堂筋の北端が近々延長される。
箕面市の山奥に存在する止々呂美(トドロミ)までトンネルを掘り、そこからさらに京都府亀岡市まで伸びるとのこと。
既にトンネルは貫通しており、後は細かい詰めの部分だけである。

はっきり言わせてもらって、この延長線はお金の無駄使いだ。
止々呂美は極めて人口が少ないため、利用する人間も少ない。
しかも通るのに600円が必要なのだとか。
誰が通るねん!

でも待てよ。
ボクは止々呂美を訪れたことがないではないか。
同じ箕面市に所属しているが、ごっつ山奥に存在すると親父から聞いていたし、知人もいないし、訪れる機会もなかったからである。
そもそも止々呂美の存在そのものに疑念を抱いていた。

もしかして解読不明の言語を発する原始人みたいな人が棲息しているんじゃないだろうか?
その彼らがどこぞの独裁帝国のように人さらいをしている物騒な町なんじゃないか?

てなことを誠に失礼ながら想像していた。

そんな原始な彼らが、延長線を切望しているかもしれない。

それら全てを確かめるため、友人Yとよしゆきロビンソン探検隊は止々呂美探検へと繰り出すことにしたのである。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:06Comments(4)TrackBack(0)