May 28, 2009

美しい森

O阪K済大在籍時、第2外国語としてドイツ語を専攻していた。
昔ジャイアンツに在籍していた助っ人外国人ブラッドリー似の、日本語をほとんど喋れない、ガチのドイツ人教師に教えてもらっていたが、今やドイツ語のアルファベットすら危うい状況だ(当然、先生の名前など覚えちゃいねえ)。
「アルファベット」もドイツ語発音なら「アルファベート」だったような気もするが、今となってはどうでもええこと。
それにしてもよくもまあこんなに完璧に忘却の彼方へと忘れ去ることができるものかと、自分の「才能」に感心してしまう。
そもそもなぜドイツ語をチョイスしたのかも思い出せない。
別にドイツ人になりたかったわけでもないのに。
ヒトとは、興味のないものは直ぐに忘れられるようなメカニズムなのだろう。
それってボクだけ?。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:08

May 28, 2007

永遠

牝馬のウォッカが、並み居る牡馬を押し退けてダービー制覇。

安倍首相が複勝を、昭恵夫人が単勝をGETしたそうで。
首相は他のレースにも手を出して若干のマイナス。
それにしても首相のくせに複勝のみとは弱腰。
嫁はんが単勝で勝負してるんだから、旦那は3連単でドカンといけよ。
で、息ができなくなるぐらいのギリギリで負けろよ。
で、意地になって馬券に嵌り、会心の予想で万馬券を的中させた時に控除率のバカ高さに気付き、法律の変更をお得意の強行採決でもって、控除率を10%ぐらいにまで引き下げてくれよ。


ところで、ウォッカ陣営がオークス回避、ダービー挑戦を明言した時に、ボクはダービーへ「逃げた」と記した。
それは、圧倒的1番人気が予想されるオークスよりも、人気せずに気楽に調整、騎乗できるダービーを選択したと邪推したからこそ。

結果は圧勝。
その差は3馬身。
恐れ入った。

「並み居る牡馬を」と明記したが、実際は今年の牡馬のレベルが低いのかもしれない。
でも仮にそうだと認めても、この時期に、G気、中距離で牡馬を薙ぎ倒した事実は、やっぱり驚愕だ。

零細牧場にとっても牝馬によるダービー制覇は朗報に違いない。
牝馬というだけで売却値段が何割か低くなってしまうため、生産者は牡馬誕生を願う。
牡馬誕生時には
「ダービー馬が産まれた」
そんな声が漏れるぐらいだ。
ところがウォッカのダービー制覇によって事態は劇的に変わる。
牝馬でもダービー制覇が夢ではなくなったのだから。
これは決してウォッカが特別だったからではない。

そこでだ、ウォッカのダービー制覇を無駄にしないために、ボクは声を大にして訴える。
古馬牝馬限定G汽凜クトリアマイルは不必要であると。

一般的に「牝馬は牡馬よりも競争能力が劣る」というのが定説である。
しかし牡馬をも凌ぐ超一流の牝馬が存在するのも事実で、牝馬が牡馬よりも能力が劣るという説を簡単に鵜呑みにしてはいけない(だからこそボクもウォッカがダービーを制覇するところまでは読んでいなかった)。
「牝馬は牡馬よりも競争能力が劣る」という定説は競馬関係者こそ改めるべきではないのか?
その先入観を盾にして、これまで牝馬に甘っちょろい調教を施してきたのではないか?
実際はエアグルーヴもスイープトウショウも牡馬相手に堂々と中距離G祇覇を成し遂げている。

強い牝馬は牡馬と勝負しなければならない使命を果たすべきで、牝馬限定戦へ逃げてはいけない。
そこに牝馬限定G気存在するから使ってしまうのだ。
しかも開催時期が悪いために、行き掛けの駄賃的な意味合いで使われてしまう。
G気次のG気悗「叩き台」になってはいけない。
なぜならば、G気亙源通り強い馬が最高の状態で集い、競うべき舞台だからだ。

という理由でヴィクトリアマイルは廃止。
勝てば勝つほど、グレードの高いレースを勝つほど、重い斤量を背負うのは自然の流れであり、馬主の声を元に牝馬限定G気魎蔽韻冒論澆靴討呂い韻覆。

百歩譲って創設を認めるせよ、JRAは充分に開催時期を吟味していただきたい。
これは他のG気粒催時期も含めてのことである。
序でにクラス分けのシステムについても改善してもらいたい。
そしてウォッカはダービー馬としてガンガン牡馬を薙ぎ倒し、ヴィクトリアマイルの存在意義を無くす逆宣伝部長として陣頭指揮をとってもらいたい。
お願いばっかりだ。

何といってもG詰靂の最大の弊害は、G気畔垢と参加したくないレースでも買ってしまう馬券中毒患者に対するJRAの厭らしさである。
あれだけ買わないと決めていたダービーも、結局はタスカータソルテとサンツェッペリンの3連複2頭軸流しで大負けを食らって、暫くの間、気を失っとったのだ、ボクは。

日曜の予想記事とは全然違う組み合わせを購入しているのは気のせいということで…。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:20Comments(5)TrackBack(0)

May 27, 2007

スワッピング

先週の日曜だったか、何と、明治VS早稲田の大学野球の模様がNHK教育で急遽、放送された。
優勝決定戦でもないのに、早慶戦でもないのに、完全生放送されるのは10年振りとか。
言うまでもなく、ハンカチ王子こと斎藤佑樹が先発登板による異変である。
時代は変わったもんだ。

ゴルフに目を転じれば、ハニカミ王子こと高校1年坊主の石川遼がプロを相手に優勝する大番狂わせ。

ハンカチ王子に、ハニカミ王子か…。

ならば、ここはいっちょ馬券界のハミチン王子こと、よしゆきロビンソンも「ここにあり!」という存在感を再び世に知らしめねば!(なんのこっちゃ)
ハミチン王子と2人の王子との決定的な違いは、実力を伴っていないところだ(それ以外にも問題山積だろうがよ)。

時代が変わったのは競馬界も同じ。
ダービーの超有力馬アドマイヤオーラの鞍上にはいつもの武豊ではなく、リーディングジョッキーの岩田康誠が騎乗することになった。
その岩田のお手馬だったタスカータソルテには、手の空いた武豊に騎乗依頼が舞い込んできた。
競馬界における、このスワッピング現象は珍しい事ではない。
だが、ことダービーで、しかも武豊が降ろされた形でのスワッピングは競馬界を揺るがす大事件だ。

「武豊が鞍上を降ろされる」。
即ちクビ。
ボクも無駄に長いこと競馬を見つめてきたが、武豊が騎乗馬が溢れすぎて他の騎乗馬を断るケースは幾度となく見てきたが、降ろされた記憶はない。

武豊のクビを命じたのは、馬主・近藤利一の意向だ。
全ては、このオヤジの持ち馬アドマイヤオーラに騎乗していた武豊が、大一番の皐月賞で騎乗ミスを仕出かした事が「最大の」原因である。
確かにあれは誰が見ても位置取りが後方すぎた完全な騎乗ミスであり、本人もそれを示唆したコメントを残している。
高が1回の騎乗ミスで降ろすかね、しかし。
アドマイヤベガでダービー制覇を、アドマイヤムーンでドバイのG気鮴覇してもらってるのに。
馬乗りに関してど素人の癖に騎乗云々に口を出すなよ。
高が馬主の分際で。
馬主になったら誰でもそんな身の程知らずな口を叩くもんなのかね?
ああ、馬主になってみたい。


不穏な空気が流れるダービーだが、皐月賞でフサイチホウオーとアドマイヤオーラの3,4着入線を予想してしまったからには、ダービーでもその予想を踏襲せざるをえない。

フサイチホウオーの父ジャングルポケット。
大好きな馬だった。
デビュー2戦目の札幌2歳S勝利時は、驚愕のあまり震えが止まらなかった。
この一戦で目をつけたボクは、ジャングルポケットの馬券ストーカーへと変貌。
共同通信杯の寄れながらの圧勝劇には肩を上下させて笑ってしまった。
当時は東京在住だったために、ジャングルポケットの競馬の祭典ダービー制覇、及びゴール後のあの勝利の雄叫びを生で目にできたことは感動だった。
のはずだったんだけど…。
ダービーの前売り券を買いそびれ、ダービー当日は前日に知人の家にお泊りして出遅れたため当日券も入手することができず。
結局ライヴでの観戦は断念し、立川市のウインズで揉みくちゃになりながら観戦した。
ジャングルポケットがダービーを制覇したことに対する嬉し涙と、東京競馬場から歩いて5分の場所に住んでいるにもかかわらずそれを肉眼で目撃できなかった悔し涙。
2種類の違う味の涙を流しながら帰路についた。

ジャングルポケットは生まれた年が悪く、得意の府中競馬場が改装工事のためにG気行なわれなかったり、アグネスタキオン、マンハッタンカフェなどの強力な同期と鉢合わせしたためG祇覇は2つに止まったが、能力は疑いようのないものだった。

というわけで、今日のダービーはフサイチホウオーが勝つ。(どういうわけだ?)

2番手はヴィクトリー。
この馬も強い。
前走皐月賞はフロックでもなんでもなく実力。
タイムもいい。
サニーブライアンの再現まで見込める。

3番手。
タスカータソルテ。
デビュー戦と、2勝目を挙げた福寿草特別のインパクトは絶大。
武豊の意地も見たい。
この馬の父もジャングルポケット。
1着の資格は充分にある。

4番手、といきたいところだが、既に買う気が失せている。
こんな堅い馬券ではつまらないし。

アドマイヤオーラが大敗し、タスカータソルテに凱歌が上がってほしい。
それがボクの予想、ではなく願望だ。
だから馬券は買わない。

他のレースに注目だ。
ダービーの2つ後の17時にG玉楾記念が行われる。
馬柱を眺めていると、17番にトウカイトリックの名が!
コラ!
お前は宝塚記念に直行せなアカンやろ!
小銭を稼ぎにくるなよ。

馬単1着流しで手広く、且つ凹凸をつけてのハミチン勝負。

ここで惜敗しても、宝塚記念でもハミチン状態で追い続けてやる。  
Posted by foe1975818 at 13:17Comments(3)TrackBack(0)

July 03, 2006

手遅れ

ボクの妹は3年ぐらい前に結婚して嫁いでおり、9月か10月には2歳になる娘Tがいる(誕生日は覚えておけよ)。
娘Tは実家である我が家に来ればあちらこちらを走り回り、だいぶ言葉もはっきり喋るようになってきた。
7/3現在、伯父さんにあたるボクは、どうやら娘Tには煙たがわれてはいないようだ。
ボクの顔を見ると嬉しそうに笑顔となるが、残念ながら抱っこしてやろうとすると、「イヤ!」と断固拒否する。
「笑顔は振りまいてあげるが、抱っこはさせません。」
ボクに対してきっちり線を引いているのだろう。
人を見る目は確かだ。
この「イヤ!」は娘Tの口癖で、やめさせようと「T、『イヤ』じゃなくて『イヤです』と言いなさい。」と根気良く躾けているるものの、一向に改める気配はない。
変な口癖も、改めようとしないことも、一体誰に似てしまったのか…。

そんな2歳を目前に控えて早くも人を見る目が確かで自己主張をする娘Tは、目が見え始めた頃から「馬」に対して異常に興奮する。
ボクの家では土日になれば競馬中継がブラウン管に映し出される。
レースで馬が走っているシーンになると、ボク以外の誰かに抱っこされながらもあたかも自分がジョッキーになって馬を操っているかのように嬉しそうに体を揺する。
「将来は女性ジョッキーやなあ。」
「いやいや、馬に興味を示すなんて、女勝負師になるんとちゃうか?」
我が家ではこんな軽口が聞かれた。

しかし、軽口では済まされなくなってきた。
我が家のテーブルに置かれている競馬雑誌。
先日、娘Tは「1人で」この雑誌をペラペラめくって馬の写真を見て、誰かに伝えるでもなく感嘆の声をはっきりと口にした。

「お馬さん、かっこいいいねえー。」

ああ…。
今までは馬の姿を我々大人に見せられてノセられて喜んでいたフシがあったが、遂に自らの意志で馬の姿を追い、「かっこいい」と感じてしまったんだね。
しかもその写真の馬があのメイショウサムソンだとは、人だけではなく馬を見る目も確かなのか。

娘Tの将来が心配だなと、妹の誕生日の今日、気をもむボクである。  
Posted by foe1975818 at 15:39Comments(7)TrackBack(0)

May 28, 2006

前略

石橋さんへ。
サムソンは強いねえ。
ケチのつけようのない勝利。
ここまできたら、ディープインパクトに続く2年連続の三冠馬誕生に期待しますよ。


善臣さんへ。
ちょっと色気出たかな?
キップのいい逃げ方ではなかったね。
最後も止まっていないだけに悔やまれる。
まあ、しょうがないね。
ダービーだもんね。


「1番人気も1着もいらない。2着でいいからえげつない穴馬を引き連れてきなさいよ!」
「順当にいけば1着はサムソンでしょう。で、2着にメイン。3着に爆穴馬を期待してます。」


昨日の記事とコメント欄に残したボクの筆跡である。

そして結果が
1着 メイショウサムソン 1番人気
2着 アドマイヤメイン   4番人気
3着 ドリームパスポート  7番人気


ロビンソンさんへ。
アドマイヤメインの馬単1着流しにしたんですって?
あなたは札付きのアホですね。  
Posted by foe1975818 at 16:29Comments(8)TrackBack(0)

May 27, 2006

マイペース

「一年の計は元旦にあり」なんてことを言いますが、ボクの場合、当然
「一年の計はダービーにあり」となる。


「1番人気はいらない。1着が欲しかったんだ!」

9年前、サニーブライアンでダービーを制した大西ジョッキーのレース後の、競馬ファンにはあまりにも有名なセリフである。

サニーブライアンと大西はG技月賞を11番人気という大穴で勝利した(ボクは大外れ)。
次走のダービー。
競馬ファンはこのコンビを6番人気との評価を下した。
「皐月賞は『マグレ』でモノにしたのだ」と、多くの競馬ファンは言いたかったのである。

当時、ボクは大学3年でバリバリの競馬ファン。
サニーブライアンが制した皐月賞の裏で、若草Sにおけるシルクジャスティスの背すじが寒くなるほどの追い込みを魅せつけられて、
「ダービーはシルクジャスティスが制する。絶対や!」
と、競馬仲間に吹きまくっていたボク。
宣言通りシルクジャスティスからの馬連を購入した。
相手は差し馬ばかりである。
ボクもそこらへんの多くの競馬ファン同様、サニーブライアンと大西の「皐月賞は『マグレ』でモノにした」との見解だったのだ。

スタートし、シルクジャスティスは定位置である最後方からの競馬。
対してサニーブライアンも定位置である先頭での競馬。
「フッフッフッ!大西よ、せいぜい逃げときなさい。君たちはゴール前で差し馬の波に飲まれるのだよ。」
最後の直線に向いて、いつものように大外に持ち出した藤田操るシルクジャスティス。
これを見て「もらった!!」とボクは確信した。
ここからが気持ちいいのですよ。
残り500mで前を走る全16頭をゴボウ抜きしていき、さらには馬券も頂ける。
こんなにおいしい思いをしていいのかね?
ボクは笑みさえ浮かべていた。

残り100mでその笑みが崩れ、泣き顔へと変貌していく。
シルクジャスティスは前を行く15頭をあっさり抜いたものの、最後の1頭を抜けない。
それがサニーブライアンであった。
ボクの笑みが完全なる泣き顔へ、そして悲鳴を上げる。

サニーブライアンはマグレではなく、スタートから一度も先頭を許すことなく堂々と二冠達成。
シルクジャスティスは2着と涙を飲んだ。
ボクも涙を飲んだ、たっぷりと。

そしてレース後の勝利ジョッキーインタビューでインタビュアーに
「皐月賞を制したにもかかわらず、1番人気ではなかったですが…。」
と質問され、大西ジョッキーの口から

「1番人気はいらない。1着が欲しかったんだ!」

のコメントが発せられた。
予め用意していたんだろうが、カッコよすぎる。
周囲にウジウジと言い訳をしていた自分が余りにも惨めに映ったのである。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 15:40Comments(7)TrackBack(0)