July 20, 2007

郷に入っては郷に従え

大阪に戻ってきた友人HがTVを見て目を丸くしていた。

「なんやねん、この『もうすぐなるトモ!』なる番組は!」

まず「なるトモ!」から説明せねばなるまい。
「なるトモ!」はなるみと陣内智則がMCを務めるよみうりTV(日本TV系)制作の関西ローカルの帯番組で、放送時間は月〜金の毎朝9:55〜11:20。
加藤浩次とテリー伊藤がMCを務める「スッキリ!!」の後に始まる(全国ネットでは「なるトモ!」ではなく「ラジかるッ」)。

友人Hが驚いた「もうすぐなるトモ!」は文字通り「もうすぐ『なるトモ!』が始まりますよ」との告知番組で、若手芸人がダラダラと繋いでいる。
「なるトモ!」の前説を放送していると捉えてもらってよい。
この番組が、9:36から始まる。
おかしい。
「スッキリ!!」が9:55まで放送されているのに、9:36から始まるとはどういうことだ?となる。
答え。
「もうすぐなるトモ!」は「スッキリ!!」を打ち切って始まるのだ。
謎が解けて、スッキリである。


中学時代の野球部キャプテンTは、転勤で数年前に関西へ戻ってきた。
Tの奥さんは生まれも育ちも千葉県だが、関西の番組が面白くて仕方がないと言い、すっかりTVっ子と化しているそうだ。

3年半東京に棲息していた時に感じたのは、大阪が特別面白いわけではなくて、東京ローカルが面白くなさ過ぎだということ(関西の番組全てが面白いなんてことは絶対にない)。
ツマラナイ番組は全国ネット番組にも波及し、今となってはゴールデンタイムの全国ネット番組は見るに耐えず、眉をひそめてしまう。
面白くない教の布教でも始めているのか?
規制、横槍、苦情etcで、制作者側は作りたい番組が作れないジレンマに駆られているのかもしれない。


ほんの少しだけ話が逸れてしまったが、今日お伝えしたかったのは、関西と関東では喫茶店における常識さえも異なるということ。

ボクはタバコもコーヒーも口にしないので、喫茶店に顔を出すことも滅多にない。
ましてや、屋外のカフェで排気ガスに塗れながら飲食を採るほどの肝っ玉は備わっていない小心者である。
無論、喫茶店における常識にも疎い。

あるニュースによれば、喫茶店(スターバックスなどの大きな喫茶店)に入ってからの順序が関西と関東では真逆とのこと。
ズバリ、関東では店員に注文してから着席するが、ここ最近の関西ではまず席を確保してから注文するんですってね。

勿論、関東がスタンダードであると推測するが、関西(おばはん)の言い分によると、
「先に席を取っとかな、注文してる間に席が無くなったら飲まれへんやんか!」

相変わらず自分の事しか考えていない図々しい発言だが、関西の喫茶店がこの意見を尊重し、入店してくる客に対して店員が
「お席はお取りになりましたか?」
と尋ねるようになったとか。
「先に席を確保する」ルールが普及しているなら文句はない。

ところが、大阪のばばあが東京の喫茶店に繰り出すと事がややこしくなる。
「大阪のルールは世界共通」と認識している大阪のクソばばあ軍団は、東京の喫茶店でも入店するや否や、一目散に席の確保へと突っ走ることだろう。
そこで店員との一悶着を巻き起こす大阪のクソばばあの姿が目に見えるようだ。

日本の、いや世界の恥だ。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:04Comments(4)TrackBack(0)