October 09, 2006

エゴ

昨日のバンキシャで、広島の犬のテーマパークの顛末が放送されていた。

一年前に経営不振で営業停止したが、500匹もの犬はほったらかしにされ、その結果、栄養失調や皮膚病などに侵された目を覆いたくなるような犬の姿が映し出されていた。

涎を垂らして寝そべる犬。
力が出ず、立つことすらままならず震えている犬。
毛が抜け落ちてしまった犬。
痩せすぎて骨盤が剥き出しになっている犬。
目が無くなっている犬。
犬が詰められていた小さな小屋には、犬の表に出たい気持ちの表れで、かじった痕が無数にあった。
もちろん、糞尿はそのまま放置してある。

ここの主は息絶えた犬たちを敷地内にそのまま埋めた。
その数は数え切れず、200匹以上に上るかもしれない。
現在のところ40匹程が掘り起こされている。
主は動物愛護法かなんかでとっ捕まり、今日も取調べが行われているはずだ。

何とか生き残った犬たちは治療され、動物愛護団体が面倒を看たり、募集した里親に引き取られたりしている。

流行っているからと飛びついたものの、ペット可のマンションが増加して、わざわざこのようなテーマパークにまで足を運ぶ人が少なくなり、経営が悪化し、餌代も無くなって、このような惨状になったという見解がなされていた。


ボクが声を大にして言いたいのは、どんな分野においても責任感のない人間が多すぎる!という我ながら尤もな意見である。

我ながら、耳が痛い…。  

Posted by foe1975818 at 13:46Comments(6)TrackBack(0)