August 30, 2006

なめんなよ!

作家の坂東眞砂子が、生まれてきた子猫を皆殺しにしていることを日本経済新聞のコラムで「自供」した。

今、このおばはんが住みついているのが、「天国に一番近い島・タヒチ」。
なかなかナンセンスなボケをかますじゃございませんか。

なんだかんだと屁理屈をお垂れになっているようだが、「作家とは所詮、頭がおかしい」との偏見を持っているボクにとって別に驚くべき事件ではなかった。

むしろボクが興味を抱いているのが

「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている」

とのコラムでの出だし。

皆殺しするなんて超ドSだと確信していたのが、この発言でSかMかこんがらがってしまった。



  続きを読む

Posted by foe1975818 at 13:32Comments(10)TrackBack(0)

June 30, 2006

手遅れになる前に…

プロレスラー小橋健太が腎臓ガンに侵された。
39歳で、である。
早期発見とのことだが、若いだけに進行は早い。
一日も早い回復を祈っている。
無事、生還してほしい。
ボクは彼のことをよく知らないが、他人事ではない。
彼は前兆として

「腰が痛い」

と訴えていたそうだ。
ボクも昨年頃から腰が痛くなった。
幸いなことに「ガン」ではなく右腎臓に発見された「石」の影響であることが精密検査によって明らかになった。
小橋健太のガンは僅か4,5cm。
ボクの石もたった3mm。
高がこんな大きさで腰に影響をもたらしてしまうのである。
人間の体って、意外とちゃちいのだな。

ガンで思い出したが、TVで「ガン探知犬」の活躍振りが放送されていた。
ヒトの口臭を嗅ぐことによって、ガンかそうでないかを判別でき、今や初期段階のガン患者も嗅ぎ分けてしまうスパードッグなのだ(名前忘れた)。
その判別できるガンは十数種類に上り、中でも発見が難しく、尚且つ進行の早いすい臓ガンも嗅ぎ分けることができるのは画期的であるとのこと。

調教した人もえらいが、やはり犬がえらい。
こんな立派な犬がいたらなあ…。


ハッ!!
うちにもいるじゃないか!!
過去3匹飼っていた我が家のペットの中でも群を抜いて番犬としての役目を果たしている♀の愛犬「ラヴ」が!!
すっかり忘れていた。すまんすまん。
彼女なら出来る!
よーし!まずは、ヤツの好きな物を嗅ぎ分けれるかどうかから根気良く躾けて一稼ぎ!…基、人命救助に一役買ってやるか!
おーい!
ラヴー!

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 21:03Comments(13)TrackBack(0)