October 21, 2007

芦毛馬に乗った横典様

競馬には多種多様な楽しみ方が存在する。

親父の前の会社の同僚は重賞しか購入しないが、その馬券戦略は専ら角田騎手絡みの馬券。
理由は出身地が同じ鳥取県だから。
角田騎手全盛時代、独身貴族の彼は笑えないぐらいに儲けていた。
最近はご無沙汰しているので懐具合は分からないが…。

逃げ馬好きなある人は、逃げ馬が残りそうなレースをピックアップして勝負を賭ける。

パドックで目が合った馬を買うと言い、パドックで歩いている馬にメンチを切っている女性も知っている。

しかしながら長いこと競馬をやってますと、信念が揺らいだり、感覚も鈍ってくる。
最近のボクがその顕著な例だ。
鈍っているどころか、完全に見失い、1日の大半を半笑いで過ごすというイカレようだ。

今日、G亀堂崗泙縫曠トスルタンという芦毛の逃げ馬が出走する。
父親はメジロマックイーン
有力なメジロマックイーン産駒が久し振りにG気梁臧饌罎剖陲鮨覆瓩討た。
今日は親子4世代制覇を目指す「天皇賞」ではないが、京都競馬場3,000mの舞台装置はもってこい。

マックイーンはコンスタントに活躍馬を輩出するタイプではないと推測している。
故に、早世してしまったのは実に惜しい。

混戦と謳われるだけに軸に据える馬は十人十色のはずが、serinsさん、ラガルさんのお2人はホクトスルタンに目をつけている。
ホクトスルタンはまだ特筆すべき実績を積み上げていないのに、オッズ上でも人気を集めている。
皆、「ホクトスルタンがクサイ!」と目を向けている証拠である。
このように、沢山の人間が推奨した穴馬は、まず来ない。
それが競馬というものだ。

しかし、ボクは突っ走る。
競馬を始めた頃に立ち返って、大好きだったメジロマックイーンの子供に夢を託すなどという山田雅人的なロマン馬券でも買うことにする。
たとえ1番人気に押し上げられても、ボクには買う義務があるのだ!

どうせいつもの馬券戦略じゃ当たらないんだし。

それにホクトスルタンは逃げ馬でレース中も発見しやすいし、仮に出遅れても唯一の芦毛馬でポジショニングが判り易いし。

半笑い病が治るかどうか…。  

Posted by foe1975818 at 11:17Comments(6)TrackBack(0)

March 28, 2007

対策

辛抱堪らんようになって喫煙した加護ちゃん。
自宅、若しくは親子ほども年齢の違う彼の家で吹かせばいいのに。
もしかして見られることで快感を得る芸能人特有の病気を発症しているのだろうか?
芸能界を退くことによって治癒するのか?
それともタバコには過去の過ちを忘れさせ、同じ過ちを犯したくなる毒性も含んでいるのか?
まあ、競馬中毒患者のボクよりかは遥かにマシだな。ウケケ。
今日も園田競馬場へ出向いたし。
「珍しく」チャラで生還しましたよ。


さて、未成年が法律などを犯す場合、それなりの準備が必要である。

こんな噂を耳にしたことありませんか?

「未成年が場外馬券売場へ行くと、JRAの職員に年齢、生年月日を尋ねられ、仮に二十歳と答えても『干支』を詰問して合致しているか確認してくる。もし生年月日と干支が不一致で未成年であることがバレた場合、監禁部屋に補導されて袋叩きに遭う」

ボクは訊かれましたよ。
厳密に言えば「ボク」ではなかったわけだが…。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:20Comments(12)TrackBack(0)