September 04, 2006

声を出せ

今朝未明にサッカー日本代表がアジアカップでサウジアラビアとアウェーで対戦し0-1で惜敗した。
キッフオフが夜中の2:30。
起きれないのでビデオに撮って後で観戦することにしたのだが、TVで先に結果を知ってしまうまさかの初歩的ミスをしでかした。
W杯期間中ではありえなかった。
気が緩んでいる。

若干テンション低めで観戦したのだが、TV画面から蒸し暑さが伝わってくるようだった。
あの暑さでは思考能力も低下するだろうし、オシムが掲げる「考えて走るサッカー」もこれでは90分持たないだろう。
結果は残念だが、まだ結成して間もないし仕方ない。
要は、W杯である。


試合内容よりも印象に残ってるのは、この中継を御覧になった方はご存知でしょうが、とにかく大熊コーチのデカイ声が入りまくっていたことである。
大観衆に包まれたスタジアムでは指示を送るためにデカイ声じゃないと選手には到底届かないし、ましてやマイクに近いところで絶叫してるためよく聞こえてくるのだろうが、それにしても入りすぎている。
大熊氏の絶叫指示はJリーグの監督時代からで今に始まったことではないが、改めて聞くとその声のデカさに圧倒される。
よく通る声なのね。

「駒野!サイドから数的優位を作れ!」
「ライン!」
「遠藤!そこでボール貰ってサイド!」
「外から!」
「加地!行ってみろ!そのまま行け!」
「飛び込むな!」
「外空いてるぞ!」
「つなげー!」
「慌てるな慌てるな!」
「遅らせろ!」
「残りの枚数だけ確認しろ!」
「サイドからサイドからサイドから!」
「啓太、啓太!」
「加地!中入ってもいいぞ!負けてんだから!」
「ボールを獲りにいけよ!」
「加地!トゥーリオを上げろ!」
「トゥーリオ!上がれ上がれ!」
「外からトゥーリオ中入れ!」
「加地入れ!」
「我那覇、早く使わせろ!」
「続けろ続けろ!」
「時間ないから上げろ!上げろよ!」

はっきり聞こえただけでこんなにあった。
どんな状況で出た「指示」か、想像してみるのもいいんじゃないですかね。

はっきりと一つ言えることは、試合結果が芳しくなかったことである。  

Posted by foe1975818 at 20:57Comments(4)TrackBack(0)

July 08, 2006

給料泥棒

W杯もいよいよのところまで来た。
大会前、イタリアVSフランスの決勝戦になるとは予想だにしていなかった。
この決勝戦はどちらも守備に長けているチームだけに、中盤での攻防が激しさを増すだろう。
よく「長所を消しあう」という言葉が試合中に聞かれる。
この表現、あんまり好きではない。
長所を消しあうには、DF陣の辛抱強い活躍抜きには語れない。
「DF陣の活躍が顕著ですね。」などに切り替えていただきたい。
この決勝戦も0-0での延長突入は充分あり得るだろうが、PK戦突入だけは避けてほしい。
ボクはPK戦が大嫌いである。
元イングランド代表ストライカーのリネカー氏は、
「PK戦はコイントスのようなものだ」
と発言していた。
そうだ、運が左右する。
そのわりに結末は残酷である。
120分以内で決着してくれれば、どちらが優勝しようがボクは満足である。
別に彼らはボクを満足させるためにプレーしているわけではないけど…。

決勝戦の前日である日本時間の明日のド早朝に行われる3位決定戦。
ボクは3位決定戦が意外と好きである。
ドイツとポルトガルのどちらが3位になるかなど、別段興味はない。
決勝トーナメントで死闘を繰り広げてきた2チームが、ある意味で気楽に戦える試合(開催国ドイツは必死だろうけど)。
即ち、クリーンで美しい試合を拝見できるのが3位決定戦である。
目に余るシミュレーション、大袈裟なアクションで怪我を装うなどの愚行は、この試合では全く意味を成さない。
この試合でもまだ、今までと同じ戦い方であれば、ボクはポルトガルに失望する。
別に彼らはボクに失望されても痛くも痒くもないだろうけど…。  
Posted by foe1975818 at 16:28Comments(7)TrackBack(0)

July 04, 2006

彼にとって芝生は「産毛」のようなもの

昨日飛び込んできたニュース。

たまげた。

おかしいなとは思っていたのだが…。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 22:04Comments(10)TrackBack(0)

June 28, 2006

本音

今日の読売新聞にW杯出場チームワースト5がワシントン・ポストで発表されていると報道している。
日本は堂々ワースト4位にノミネート。
「12分間、ブラジルをリードした。」と皮肉られている。
見事ワースト1に輝いたのはセルビア・モンテネグロ。
アルゼンチン戦の6失点敗退が影響したものと見られる。
今大会はイエローカード、レッドカードが乱舞し、既に過去最多だそうだ。
セルビア・モンテネグロもアルゼンチン戦で退場者を出し、この数字に貢献している。
グループリーグ突破の可能性が「0」同士の対戦となったコートジボワール戦でも、2点リードを奪いながら無駄な退場者を出したためにリズムが崩れ、逆転負けを喫している。
しかしながら、この一戦や、オランダ戦を観る限り、セルビア・モンテネグロはワースト1にランクされるほど悪いチームではなかったと思う。

そのコートジボワールとの一戦。
解説者も感嘆の声を上げるほど、諦めずに戦う姿勢を見せたセルビア・モンテネグロのジョルジェビッチ。
衛星第一の実況アナウンサーは思わずこんなことをポロっと口にした。

「いやあ、日本代表に欲しいですね。」


ボクは、ワースト1位は日本だと確信している。
  
Posted by foe1975818 at 15:03Comments(6)TrackBack(0)

June 27, 2006

戦争

決勝トーナメント屈指の好カード、ポルトガルVSオランダ。
死闘、いや戦争だな、ありゃ。
退場者4人はW杯史上初だそうな。

そんな記録更新の引き金となったのはポルトガル・クリスチャード・ロナウドに対するオランダ・ブラルスのファウルとみる。
ポルトガルで最もマークしなければならない選手を厳しくマークにいくのは当然だが、ボクにはブラルスが削ったようにしか見えなかった。
このファウルでロナウドは太ももに怪我を負い、途中交代の憂き目に遭った。
ベンチに帰って悔し涙を流す彼の姿に胸が痛んだ。

ポルトガル・コスティージャの2枚目のイエローをもらったプレーにはがっかりだった。
必死なばかりに手が思わず出てしまったのだろうか…。
また、同じくデコの2枚目のイエローも頂けない。
この大会を通じて遅延行為に対して厳しく取りしまっているのは分っていたはずなのにやってしまった。
次のイングランド戦には出場できなくなってしまった。
ポルトガル、ピンチである。

でも、デコの1枚目のイエローはしょうがない部分もある。
デコが攻め上がっている、しかもチャンスで主審はプレーを止めた。
ピッチ上でポルトガル・カルバリョが怪我をしていたからである。
怪我の手当ても終わりプレー再開となったとき、オランダ選手はポルトガルにボールを返すことなく攻め上がっていった。
これをイエロー覚悟で止めにいったのがデコである。
ボクがデコでもいってたな。

返さなければいけないルールなどない。
でも、あの状況のプレー再開ならば返すのが万国共通の「礼儀」である。
このプレー以降、オランダがボールを持つとブーイングの嵐。
完全に観衆を敵に回してしまった。

オランダの敗因としては、コクーのシュートミスよりもロッベンが封じられたことが挙げれるだろう。
ポルトガルは2人がかりでロッベンを止めにいった。
その立役者がポルトガルDFミゲル。
ロッベンに引けを取らないそのスピードには度肝を抜かれた。
そして好機と見るやタイミングよく攻め上がり決定機を演出。
天晴れである。
2004ユーロ選手権ではポルトガル・マニシェの目を見張る活躍を目の当たりにして感心していたボクであるが、今回はミゲルにサプライズだ。
しかも大会前は控えだったというのだから恐ろしい。

今回こそオランダには期待していたのだが、最早お家芸とも言える内紛が今回も発生。
決勝トーナメント1回戦で早々と姿を消したのは痛恨の極みだ。

荒々しい試合ではあったが、両チームの気持ちが全面に出たプレーは早起きしてよかったと思わせるに充分だった。
さらに、この決勝の舞台に日本は上がるべきではなかったと改めて痛感した。

ちょっと笑ったのが、退場者が控えるゾーンでポルトガルのデコとオランダのブラルス、ファンブロンクホルストが何やら会話している姿が映し出されていたこと。
言い訳をしていたのか、審判に対する批判なのか、それとも自分たちの不甲斐無さを反省していたのか、それとも試合とは全く関係ない話に花を咲かせていたのか…。  
Posted by foe1975818 at 02:10Comments(6)TrackBack(0)

June 25, 2006

自殺点をありがとう

チカさんから携帯変換バトンを受け取りました。

お題は『ねこマニア』です。


’馨    (脂肪燃焼の話をしてたからだな)
¬欧て   (明日も4:00起きでオランダVSポルトガル戦を観戦だ)
2     (何に音を上げたのだろう?)
で齢    (訊かないでね)
ゥ優    (特にないけど)


[     (誰かしませんか?)
購入    (馬券でしょうな)
コンビニ  (コンビニ弁当ばっかですわ)
ぅ乾瓮鵝  (昨日の記事はゴメンに値する)
イ海譴ら  (エロイことが始まる予感)


〇欧辰   (降参か、参拝か)
不味かった (メダリスト)
A瓦    (ブラジルに全く歯が立たず)
に萋    (毎日頑張って生きてますよ)
イ泙    (ダメ出しが始まるんだろうな)


‘本    (チャチャチャ)
⊃祐屐   (ポンプ)
人気    (今日、福島10Rで人気薄を狙って外しました)
て常    (どっちかっつうと非日常が好きです)
タ軍磧   (新潟競馬場のレースを外した言い訳をしてたんでしょうな)


‘     (利き足は頭です by 巻)
¬     (ナニかの味を占めたのかと)
あなた   (結婚したら「あなた」と呼んでほしい)
ぅ▲瓮螢  (W杯は敗退しましたな)
イ△瞭   (下ネタではない)


次回のお題は「エスコバル」で、どなたか持ってってくださいな。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 20:48Comments(7)TrackBack(0)

June 24, 2006

立河宜子。
確か結婚して芸能界を引退したはずだ。
今日、彼女が夢に出てきた。

ボクは銭湯で体を洗っていた。
斜め後ろに彼女、立河宜子が体を洗っており、周りにも老若男女がひしめき合っていた。
どうやら男女混浴の銭湯のようだ。
ボクはシャンプーをしながら彼女と喋っていたが、シャンプーをし終わり顔を上げるとすぐ隣にピッタリと彼女が移動してきていた。
「洗ってあげる。」
彼女はそう告げると、誰にも気づかれないようにおもむろにボクのまあまあなイチモツを洗い出した。
「周りに人がいっぱいおるやろ!でも、続けて欲しいような…。」

場面は切り替わり、ボクはスーツを着て帰宅の途につくため阪急・雲雀ヶ丘花屋敷駅で¥150キップを購入した。
すると横から手が伸びてきてキップを取り上げ、ビリビリに引き裂かれた。
立河宜子である。
「やっぱりさっきの続き?」
「決まってるでしょ。」
ボクは嫌々¥180キップを購入し、彼女と共に彼女の家に向かう。
電車の中で彼女がため息混じりに呟く。
「は〜、最近何もかも上手くいかなくて、昨日自棄になって一晩で1920万円使っちゃった。」
「ホストクラブにでも行ったんか?」
「まあ、いろいろとね…。」

彼女のアパートに到着したところで、携帯の目覚ましが鳴った。
時刻はAM3:50。
スイスVS韓国戦を観戦するための目覚ましだ。
目覚ましをかけたことを少しだけ後悔した。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 13:29Comments(13)TrackBack(0)

June 15, 2006

ちゃーん

全試合観るのって、こんなに大変だったかな?
夜更かしできない子になったのね、ボクは。
8年前はへっちゃらだったのに…。
着実に老いてきている。

イタリアVSガーナ。
イタリアが1点を先制するまではガーナは中盤でパスを良く繋ぎ、試合の主導権を握っているように見えた。
だが実際は握らされていたのかもしれない。
ガーナはシュートもよく打った。
しかしそれらは全て枠の外。
肝心なところはネスタやカンバーロを始めとするイタリアディフェンス陣にシュートコースを遮断されていたのである。
また、ガーナは守備においては相手選手をきっちりとマークしていたが、解説の反町氏が再三指摘していたように試合開始からピルロだけチェックが甘かった。
イタリアの先制点はそのピルロへのチェックの甘さと、一瞬の気の緩みから生じた。
イタリアはここぞという場面では一気呵成に攻撃に転じる。
そのスピードたるや目を見張るばかりである。

改めてイタリア恐るべし。
どうやらこのグループはイタリアとチェコの一騎打ち様相を呈してきた。
このグループは是非とも1位通過しなければならない。
なぜなら2位通過なら決勝トーナメント1回戦でブラジルとの対戦が濃厚だからである。

そのブラジルであるが、ロナウドが酷い。悲惨だ。
全く体が動いていない。
いや、やる気が全く見られない。
あの動きはサッカー選手ではなく牛である。
国内外の誤った報道に傷心のご様子だが、それを跳ね除けてこそエースストライカーなのではないか。
そしてそれを言い訳にはしてほしくない。
次戦からはなんだかんだ言ってもやってくれると信じてるぞ。
早く元のロナウドに戻って、記録更新に挑んでくれ。
期待している。

それともやはりあのヘアスタイルにしないとW杯では力を発揮できないのかな?  
Posted by foe1975818 at 13:24Comments(8)TrackBack(0)

June 13, 2006

後手

漸く見たアルゼンチンVSコートジボワール。
いい試合ではあったが、1番ではない。

メキシコというチームは、やはりエグい。
試合開始から終了まで、ボールを持っている、持っていないイラン選手を追い掛け回し続けた。
あの無尽蔵のスタミナは一体どこから生まれてくるのだろう?
そしてさらに驚かされたのは、センターバックの身長が173cmしかない。
背の高いイラン攻撃陣によって度々ピンチを招いたものの、結局は混戦からの1失点に留めた。

日本選手は大いに見習うべきである。

また、昨年のコンフェデレーションズカップのときに顕著だったが、ジーコの選手交代の決断が相変わらず遅い。
W杯開幕からここまでの試合を見る限り、各国ともとにかく選手交代が早い。
後半の30分、柳沢に代わって小野が投入されたが、あそこはあと10分早く小野ではなく遠藤ではなかったか。
そして続けざまに明らかにバテていた高原に代わって大黒。
坪井の負傷退場というアクシデントはあったものの、ガンガン代えてほしかった。

日本は決定的なチャンスをいくつも外したが、オーストラリアはもっと決定的なチャンスを作っていた。
決めれなかったのは川口のスーパーセーブが炸裂しただけで、ボクは完敗とみている。
イングランドやポルトガルのように内容は最悪でも結果が残せるような力を日本はまだ付けていないのだな。

これで3連敗濃厚。
2位争いが混沌としてきたF組である。

さあ、ボクの大好きなチェコの登場だ。
でもアメリカは強いぞ。  
Posted by foe1975818 at 00:52Comments(8)TrackBack(0)

June 09, 2006

しばしのお別れ

ボクというヤツはなんてツイてるんだ!
判明したのだ。
W杯の日本戦は全て出勤日ではない!!休みなのだ!!!

イヤッホ〜イ!!!



さてと…。
優勝はブラジルで仕方ない。
オランダ、メキシコ、アルゼンチンあたりがその次。
贔屓にしているチェコとアメリカもそこそこいい戦いをするだろう。
日本は…、まあ勝ち点取れるように頑張ってください。


やっすいMDウォークマンも購入したし、5年後には全くの役立たずになるDVDレコーダーもW杯のためだけに購入したし。
今日はオカンの誕生日だけど、んなことは関係ねえ!
それでは予告通りW杯に集中しま〜す。



とかなんとかいって、更新するだろうけど…。  
Posted by foe1975818 at 13:24

May 31, 2006

ドイツが なんだー!!

早起きしてよかった。
日本が2点リードを奪った瞬間は、室伏広治がハンマーを投じた瞬間のような顔に変形していたであろうボク(さすがに早朝なので絶叫は最小限にとどめた)。
また、失点した状況に予想通りの修正点を見出せたことは意義ある親善試合だった。

1点目。
相手コーナーキックのクリアボールを柳沢がダイビングヘッドで俊輔へ。
この試合終始マークのきつかった俊輔が相手DFを目一杯引きつけてから中田ヒデへパス。
ヒデがそれをスルーし、ダイビングヘッド後に素早く前線へ走り出していた柳沢へボールが渡る。
柳沢は、DFの裏へ既に走りこんでいたこれまたディフェンスラインから懸命にダッシュしていた高原へ絶妙のワンタッチスルーパス。
GKと1対1になった高原は落ち着いてゴール。
お手本通りの速攻と流れるようなパスワークにウットリである。

2点目。
ヒデと俊輔の遊び心たっぷりのボール捌きから、右サイドの相手陣深いところで駒野へ。
駒野はセンタリングを放り込むと思いきや高原へ横パス。
驚いたのはここだ。
ボクの予想では、高原はフェイントを駆使しドリブルで中央に切れ込んでから左足でシュート。
実際は異なる。
高原は駒野からのパスを受け、即シュートの態勢。
しかしこれはフェイントだった。
これでつられた相手DF。
高原はゴール方向へのターンし相手DFを置き去り。
決定的なチャンスをきっちりモノにした。

高原はドイツのハンブルガーSVに移籍する前に海外へ渡っている。
アルゼンチンの名門・ボカ・ジュニアーズ。
僅かな期間ではあったが、ボクはこの移籍を境に高原のプレーは変化したと感じている。
あの場面の高原に、サッカーの本場南米で身に付けたストライカーの本来在るべき姿を垣間見た気がする。

2失点は何れもセットプレーからであるが、それ以外にもサイドを突破された後、センタリングを上げられて肝を冷やす場面が続出。
オーストラリアやクロアチアがここを突いてくるのは間違いない。
センタリングを頻繁に上げられたのは日本の例の選手のサイドが顕著。
彼のサイドに相手ボールが渡った場合、真ん中を突破されるぐらいに形を崩してでもフォローしにいかなければならない。
センタリングを上げられたら日本は「終わり」なのだから。

それにしてもドイツはきっちりお返ししてくる。
前回大会もこんな状況で準優勝してるもんなあ。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 21:06Comments(8)TrackBack(0)