January 15, 2007

クロノスチェンジ

ボクはナイナイ好きだが、「ナイナイサイズ」と「オールナイトニッポン」しか視聴しない。=「ぐるナイ」と「めちゃイケ」は絶対に見ない。
という式が成立する。

高等学校野球連盟、通称、高野連が「めちゃイケ」の番組内容に対して抗議文を提出したそうだが、その時の放送もボクは1秒たりとも見ていない。(先程YOUTUBEで問題とされるシーンのみ見た)

昨夏、早稲田実業が甲子園出場時に利用した旅館で、斉藤投手、通称ハンカチ王子が疲労回復の為に利用した酸素カプセルに中居が入り、ナイナイ岡村がその中へオナラを何度もぶっ放した。
さらに岡村が色紙に「オナラ王子」などとサインして宿舎の壁に飾り、その他にも食事中にも茶化した内容が放送された。

高野連は
「放送された内容は、教育の一環として行われている高校野球の目的から著しく逸脱する番組構成で遺憾です。グラウンドでひたむきにプレイをする選手たちの気持ちを踏みにじる内容でもあり、ここに文書で抗議を申し入れます。」
と断固抗議した。

これに対し、岡村はオールナイトニッポンで
「逆にこっちが遺憾だ。」
と反論。
続いて
「ハンカチ王子を『オナラ王子』と言ったわけではなく、僕がオナラ王子と言っているのに、球児の気持ちを踏みにじるとは意味が分からない。高校球児にこれを見せてくれ。それで『バカにされているみたいで腹が立ちます』というのなら説明に行きます」
と吠えた。

矢部は
「宿の人にも迷惑かけて。申し訳ないですよ」
と、日本高野連の指定宿舎から外す処分を下された番組制作に喜んで協力した兵庫県西宮市の旅館を気遣った。

「ホンマですよ。ボクら泊まりに行きます。サッカー部で(出身校の茨城西高校サッカー部を指す)。理解に苦しむというか、意味が分かんないです。ビックリしました。これは誠に遺憾です。」
と岡村は締め括り、東野幸治のHG事件の話へと移った。


高野連さん、冗談が過ぎますよぉ。
本来はボケ担当じゃなかったっすか?

毎年、春のセンバツ高校野球では前年の流行曲から開会式の行進曲が選ばれる。
5年前の春のセンバツ高校野球の行進曲を覚えているだろうか?

高校球児は朝早くから夜遅くまで雨の日も風の日も雪の日も厳しい練習に明け暮れ、長く激しいトーナメント戦を戦い抜き、頂点に立った1チームだけが高校球児の聖地「甲子園」の舞台を踏むことができる。
甲子園でも同じくトーナメント戦による全国制覇への険しい道のりが待ち受ける。
一戦必勝の「負けたらその日で終わり」というシビアな世界に身を投じて、必死のパッチで戦っているのである。

そんな彼らの晴れ舞台の行進曲で

「明日があるさ」はないだろう。

グラウンドでひたむきにプレイをする選手たちの気持ちを踏みにじる選曲である。


高野連の「めちゃイケ」に対する抗議はマジなのだろうか?
マジだとすると、「ボケ」をかましたのではなく、高野連を構成する老人たちの単なる老化現象による「ボケ」なのだろう。
人間は誰もがこんな風になってしまうんやもんね。

年寄りが若いもんに目くじらを立てて激怒する。
どこかで見たことがあるような気がしないでもないが…。銀河鉄道とONLY.1


  続きを読む

Posted by foe1975818 at 22:42Comments(12)TrackBack(0)