October 11, 2006

ふくし

オレ流落合監督が宙を舞った。
そして、泣いた。
一部新聞紙上では

「オレの目にも涙」

な〜んて巧い表現がなされていた。

シーズン前のえげつない練習量を浴びせた落合監督は、まさに鬼だった。
それに歯を食い縛ってついてきた選手たちの必死の形相を、落合監督はきちんと見ている。
そりゃあ涙も頷けるのである。

3年で2回の優勝は名将と呼ぶに相応しい。
昨シーズンの出来事ではあるが、中日が完膚なきまでに負けた試合があった。
投手がメッタ打ちに遭い、打線は沈黙。
試合後の落合監督のコメントが以下だ。

「今日の収穫は井端だけ。これで浮上してくるだろう」

この試合まで不調に喘いでいた井端。
だが、この試合の井端はノーヒットなのである。
何を言うてるんや?と余計な勘繰りを入れたら、まあ、何ということでしょう!
次の試合から魔法をかけられたかのように打つわ打つわ。

シーズン中、落合監督は敢えて素っ気無い態度でマスコミと向かい合っているのではないだろうか?
もちろんしょうもない質問を浴びせるマスコミは問題外だが、憎まれ役を監督が買うことによって選手が野球に集中できる。
途中から森野にレギュラーの座を奪われはしたが、立浪がプレーできているのも、そんなところが影響しているかもしれない。
マスコミのみならず、小言のうるさい中日OB連中にも口出しさせていない可能性もある。


さあ、ボクがシーズン前に行ったセ・リーグ順位予想だが→予想

Bクラスはバッチリである。
しかし、ヤクルトを買いかぶって置き場所を誤った。
ラロッカの故障はもとより、投手陣にまで及んだのは誤算だった。

阪神は今岡。
井川と久保田の不調はある程度計算に入っていたので驚くに値しないが、それをカバーして余りある獅子奮迅の活躍を見せたのが藤川球児である。
ボクは見縊っていた。
去年、記録を破るほどの登板をし、さらには二段モーションの規制の呷りを受けてフォーム変更を余儀なくされた彼が、今年も、いや、打者のバットに掠らせることさえ許さなかった去年以上のボールの伸びを披露するとは思いだにしなかった。
しかし、延長戦の3イニングを放らされた影響などが出て、後半戦の一番大事なところで遂にパンクした。
あれは岡田監督の采配ミスだと断固として糾弾したいところだが、阪神がなまじっか強くなってしまったがためにファンの目が鬱陶しいまでに厳しくなった。
そのため「捨てゲーム」を作れず、選手に無理を強いてしまわなければならないのは痛い。
昔の巨人化である。

その巨人は、案の如く怪我人続出。
野球以前の問題である。
あれだけいい選手がウヨウヨおるのにね。

怪我と言えば、横浜の多村。
ホント怪我が多い。
その陰で吉村という活きの良い若手が頭角を現してきた。
後は、先発ピッチャーだ。

これは広島にも言える。
FA行使が囁かれているエース黒田は何処へ?


一体、ボクは何目線で物を言うとるんやろか?

まだ昨日の酒が残っとるな。  

Posted by foe1975818 at 15:45Comments(4)TrackBack(0)

July 02, 2006

天罰

昨日、連敗を10でやっとこそさで止めたようだが、あれだけ勝ちまくって開幕ダッシュに大成功していた読売巨人軍が、W杯の陰でこっそり行なわれていた交流戦を境に首位陥落。
それどころか勝率5割を切って借金生活。
主力に怪我が相次いだため、昔、オリックスや阪神で活躍したアリアスに触手を伸ばした。
6月末が外国人獲得の期限であるからして、かなり切羽詰っている。

ここんところの巨人の外国人補強は、物の見事にスベりたおしている。笑える。
「悪太郎」こと堀内政権時に在籍していた外野手レイサム。
彼はレフトフライを捕球後、スリーアウトでチェンジと思い、ファンサービスの一環としてレフトスタンドのファンに向けてボールをプレゼントするために格好よく投げ込んだ。
最近、プロ野球ではよく見かける光景である。
しかし、残念ながら、彼はアウトカウントを勘違いしていた。
スリーアウトチェンジではなく、まだ「ツーアウト」だったのだ。
その前代未聞な珍プレーを目の当たりにした対戦相手のヤクルトのランナーは、一斉に走り出して半笑いでホームイン(2つの進塁が与えられた)。
ファンサービス精神は大切だが、アウトカウントはもっと大切だ。
アウトカウントを間違えてボールを投げ入れられたら、ファンもボールを投げ返してしまうぞ。

個性のある助っ人外国人は、時に我々野球ファンの心を鷲づかみにした。
特に暴力的な外国人は、たとえ鈍器のようなような物で「忘れろ!忘れろ!」と頭をどつきまわされても絶対に忘れることはない(ホントに殴っちゃイヤよ)。
中でも、今から16年前に中日に在籍していたディステファーノの右に出る者はいない。
もし、右に出たら殴られてしまうかもしれない。
彼はそれほど喧嘩っ早かったのである。
今とは違い、当時の外国人選手はある程度レギュラーを確約されていたので、お遊びのオープン戦ごときは様子見に終始するもの。
なのにこの血の気の多いディステファーノはマジメなのかなんなのか分からんが、高が「オープン戦」でデッドボールを食らって頭に血が上り乱闘騒ぎを起こし、退場処分を喰らっている(確か西武戦)。
もう一度念を押すが、「オープン戦」で、である。
結局、この外国人は大した成績も残さず、ド派手な乱闘騒ぎを頻繁に起こしてクビとなり、シーズン途中で帰国した。
今でもボクのツルツルの脳裏にこびりついて離れない助っ人(ケンカのときの助っ人としては申し分ない)外国人である。

余談ではあるが、この時の中日の監督が燃える闘魂・星野仙一だったのは縁起でもない話だ。  
Posted by foe1975818 at 16:41Comments(6)TrackBack(0)