June 14, 2006

ボブ

W杯で盛り上がっている最中、地味にプロ野球は交流戦が「まだ」行われている。
そのどうでもいい…失礼、地味なプロ野球でド派手な珍プレーが発生した。
その珍プレーはロッテVS巨人戦。
バッターである巨人のイ・スンヨプが特大のホームラン。
ランナーの小関とイ・スンヨプが悠々とホームイン。
見事な逆転劇である…はずだった。

次のバッターが打席に入った瞬間、ロッテのピッチャー・渡辺が何を血迷ったか3塁の今江へ送球。
ホームランを打たれて頭がおかしくなってしまったのかと心配したら、3塁塁審が

「アウトーッ!!」

え?何がだ?
みんなみんな頭がおかしくなってしまったのか!?
いや、ボクの知らないルールが出来たのか?
この試合をTV観戦していたボクも全く意味が分からなかった。

カラクリはイ・スンヨプがホームランを放った際に、ランナー小関が3塁ベースを踏み忘れていたというのだ!
踏み忘れに注目していたロッテの3塁手・今江は3塁塁審にアピールし3塁を踏んだ。
3塁塁審もそれを認めてアウトと相成ったのである。

意外と見てるもんなのよ、ベースを踏んだか踏んでないかって。
野球経験者ならお分かりだろう。
もし注目していないならば、それは選手失格である。
試合中は一切、気を抜いてはいけない。
当然、審判も然りである。


納得いかない巨人側。
「VTRで見る限りランナー小関はベースを踏んでいたし、3塁塁審の位置からでは踏んだか踏んでないかは確認できなかったはずだ。」
と難癖をつけ、ビデオ判定制度の導入を抗議文でセ・リーグに提出した。

おそらくこの抗議文は通るだろう。
巨人だから。


ついでに、中村俊輔のゴールは主審も認めているように完全な誤審であり、駒野がペナルティエリア内でこかされたにも関わらず、PKを採ってもらえなかったのも併せて誤審である。  

Posted by foe1975818 at 00:59Comments(11)TrackBack(0)