October 03, 2007

岩本

ドラフトが終わりましたな。
ボクが注目していたのは、成田高校の唐川投手。
顔が、眼鏡を外したさまぁ〜ず大竹と瓜二つである。
是非、ご確認頂きたい。→唐川

さて、東京ヤクルトスワローズが交渉権を獲得した仙台育英の佐藤由規
野球部入部当初は何の変哲もない投手だったという。
それが高校3年で155km/hをマークするまでに至った。
高校時代に一体どんな練習に打ち込んだのか?

その背景には練習もさることながら、「姿勢の矯正」が大きく関わっている。
整骨院で正しい姿勢を施され、最初は慣れなくて窮屈だったであろう姿勢を生活する上でも常に意識して只管保ち続けた。
正しい姿勢を手中にした彼は、今までと同じ練習量でも飛躍的に球速がアップした。
練習だけではここまで球速はアップしなかっただろうと推測している。

確か、元広島東洋カープの野村謙二郎は歯を矯正して、本塁打数が激増した年があった。

体の調子が悪いとか、慢性化している箇所が治らない人は、一度、駄目元で背骨や歯の矯正に取り掛ってみてはいかがでしょうか?

ボクも矯正したい。
脳ミソを。
もう、強制だ!

今日の園田競馬場遠征は酷かった。
手頃な配当が続出した中、新聞情報の見落としで3レースも獲り損なってしまう醜態を晒した。
それも配当が太いから始末が悪い。
唯一GETした9レースも、自棄になって「パドックで目が合った馬」からの馬券を買って当たったという、初めて競馬場に連れてこられた女の子みたいな買い方でのもの。
20:10発走の大井競馬場のG凝豕盃を予定よりも少ない金額で購入して、帰路につく。

ベルモントサンダーからの3連複1頭軸馬券を握り締めてネットで観戦。
しぶとく3着に紛れ込んでくれたが、最も配当の低い組み合わせでの決着では何の足しにもならない。

何でボクは買う予定のないレースまで買ってしまうかね?
で、的中した東京盃の予算が手薄になってしまう。
ああ、自分が嫌になる。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:59Comments(2)TrackBack(0)

August 22, 2007

鉄腕への道はダッシュしかない

スポーツ選手の寿命が延びている。
昔に比べれば体のケアの方法も随分と発達した。
昔はヨシとされていたトレーニングが現在ではタブーとされているものもある。
うさぎ跳びは廃れて罰ゲームへと堕落したし、水を一切飲まずに練習し続けていたあの時代なんてのは一体何だったのだろうか?
めっちゃしんどかったっちゅうねん。
もっとも、今は当時よりも暑さが段違いなんだが。


中日ドラゴンズの超ベテラン山本昌投手。
今年42歳。
名球界入りの条件とされる200勝まで、あと残り僅か。

「どんなトレーニングをすれば長く投げ続けられるんですか?」

彼は佐藤義則氏に問うたことがある。
佐藤義則とは、阪急ブレーブスとオリックスブルーウェーブで長きに亘って活躍した大投手で、山本昌が41歳1ヶ月の最年長ノーヒットノーランを記録するまで、氏が40歳11ヶ月の記録保持者であった。
氏は山本昌の問いに対してこう答えた。

「短い距離をしっかり走り込んでおけ。」

長い距離をダラダラ走るのではなく、短距離ダッシュを繰り返し繰り返し行う。
誰もが一番行いたくない練習である。
当然のことながら、その辛いトレーニングを自分に課し、実践せねば長続きはしないし、それどころか故障続発で実力の半分にも満たない成績しか残せずその世界を去ることになるのだ。
山本昌はこの助言を忠実に実行し、長きに亘り活躍している。
驚くべきは、球速が毎年アップしている点だ。

やっぱり下半身が肝要なんじゃな。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:16Comments(3)TrackBack(0)