August 07, 2007

Say Yeah Yeah Yeah

62回目の原爆の日を迎え、申し訳ない気持ちで胸が張り裂けそうになった昨日。

数年前の夏、ヒロキジーニョワタロックピサロ、友人H2号、ボクとで、当時はまだ結婚もしておらず、仕事で広島に棲息していた友人H宅へ向かった(ワタロックの愛車の名前を忘れた…)。

1日目の夜。
飲茶の美味しい店で舌鼓を打った後、友人Hが発掘した居酒屋へと雪崩れ込んだ。
この店には日本酒がズラリ。
ボクは以前、サンチェというあだ名の中学時代の友人の結婚祝いにおいて、白木屋で日本酒を水のように呷って泥酔し、サンチェの嫁さんに救いようのないセクハラ発言を連射。
それまでは仲良くしていたのに、これ以降は一切、嫁さんから敬遠(軽蔑)された経緯がある(因みにサンチェ夫妻はサンチェが浮気にウツツを抜かしたことが原因で離婚している。息子を引き取ることになる嫁さんが包丁を振り回すほどの修羅場だったらしい)。

そんな苦い経験を踏まえ、日本酒には指一本触れていなかったわけだが、この時は餌食対象のセクハラ相手が残念ながら不在だったため、久方振りに封印を解き、日本酒に手を伸ばした。
友人Hはボク向けに甘口の日本酒を推薦してくれ、「これはイケる!」とグビグビ口に運ぶ。
ビールに焼酎、日本酒のチャンポン。
この後は予定通りの展開。

店を出て、歩いて岐路に。
原爆ドーム近くの川沿いの公園で、ボクはぶっ倒れた、やはり。→多分この辺
心配して誰かが買ってきてくれた2箸離撻奪肇椒肇襪凌紊魄むことさえもままならないほどに憔悴。
通りすがりのおばさんにも心配されるも、
「大丈夫です!」
と、その時だけは威勢の返答をする。
完全に空元気だ。
ボクに本当の元気を取り戻させるために公衆の面前で友人Hが下半身のみを露出し、貴乃花も真っ青の雲竜型の土俵入りを披露するも、ボクは目を開ける元気もなく呻いていた(他のメンバーは大ウケで、ワタロックはデジカメに収め、自身のホームページに載せたとか。局部は隠してある)。
ボクは吐くこともできず、そこら中に大量の唾を投下。
地獄が去るのを横になって、ただただ待った。

何とか峠を越え、友人H宅に辿り着いた。

翌日は二日酔いで頭がガンガン。
寿司屋も鶏肉の美味しい店も、二日酔いで台無し。

とんだ2泊3日となった。

唾液を吐き散らし、景観を汚してしまった近所にお住まいの方々。
そして少しだけ心配してくれた友人たち。
その節は申し訳なかった。

全く成長してないね、ボクは…。
不思議なことに、楽しいところは記憶が飛んでいるのに、苦しいとこだけ覚えてるもんなんだな。
記憶って、総じてそんなもんか。  

Posted by foe1975818 at 00:37Comments(2)TrackBack(0)

July 12, 2007

しょうがないことはないかもしれない

「原爆投下はしょうがない」

これで久間章生が防衛大臣を辞した。
辞任を決意した理由を記者に問われた氏は
「しょうがない」
と発言したとかしないとか。

「イラクに大量破壊兵器があると決め付けて戦争に踏み切ったブッシュ大統領の判断は間違いだった」発言で同盟国のアメリカを敵に回したかと思えば、今回のように擁護に回る。
忙しい人だ。
それとも見た目に違わぬ、タヌキなのか?

キチガイ化した日本軍を制止するためにアメリカが原爆投下に踏み切ったから、日本は戦争の傷口をあれ以上拡げることなく終えることができたのか。
それとも、日本軍が降伏していたにも関わらず、アメリカが原爆の威力を試すために投下に踏み切り、長崎、広島が無駄な犠牲を強いられたのか。

果たしてどちらなんでしょうね?

そういえば、兵士として駆り出されていたうちの父方母方2人のおじいは原爆が投下されたこと知り、
「ああ、これでやっと戦争が終わるんやと安心したわ。」
と戦争映画を見る度に口にしていたことをよく覚えている。


ボクの中学時代の社会科の先生は一点の曇りもない左翼の人間で、
「天皇は人権がないから殺しても罪に問われない」
などと半笑いで発言した。

高校に進学しても、ある社会科の先生が「それ」で、昭和天皇のことを
「裕仁」
とパシリに使う後輩のように呼んでいた。

そんな昭和天皇は、アメリカの長崎、広島への原爆投下を「止むを得ない」と発言している。


さて、太平洋戦争に付いて回るのが「従軍慰安婦」問題。

そもそも戦争のルールって何ですか?
何でもアリだから戦争なんじゃないだろうか?
従軍慰安婦こそしょうがないと思うのは不謹慎だろうか。
当然、戦後にその補償を怠ってはいけないが…。
戦争に参加した経験などないが、殺すか殺されるかの想像を絶する窮地に立たされた時、正気を保つ自信なんか無い。
上の人間、若しくは敵に、

「この女を今から犯せ。さもないとお前を撃ち殺す。」

と銃口を向けられたら、ボクは自分の命欲しさに従うかもしれない。
従わないとは言い切れない。
軽蔑してもらって結構。

だからこそ、やっぱり「戦争大反対」。
そのことを強く強く再確認するきっかけを与えてくれた久間よ、ありがとう。  
Posted by foe1975818 at 00:00Comments(8)TrackBack(0)