September 21, 2007

悔しいというより寂しい そしてお金欲しい

ある評論家が、自民党総裁選に臨む福田康夫を指して「徳川家康のようですね」としたり顔で例えていた。
着々と派閥の票を取り付けるなど、地盤を確り固めてから、71歳にして遂に国家の最高権力者の決戦場に姿を現した福田氏。
関ヶ原の戦いに臨む徳川家康と重なるとも言えなくもない。

となると、麻生太郎を石田光成と例えたくなる。
ここまでの劣勢を象徴する「人望がない」という点と、歯に衣着せぬ発言が似通っているかもしれない。
さすがに無理があるか。

関ヶ原の戦いは、慶長5年9月15日(西暦では1600年10月21日)に、西軍8万VS東軍10の史上稀に見る大軍勢で雌雄を決することになったが、西軍から東軍への寝返りが続出し、一日と経たずに東軍に軍配が上がった。

果たして総裁選は下馬評どおりに決着するのだろうか?
一般市民には選挙権がないからといって傍観者であってはならない。
目を凝らしてこの行方を見守る必要があるのだ。

最も興味があるのは、この情勢を安倍前首相が病床からどのように見つめているか?ということ
全く無関心やったりして。

別のある評論家がこう分析していた。
「安倍さんには信頼できる参謀役がいませんでしたね。」と。

安倍首相の側近、井上義行秘書官と塩崎恭久官房長官は犬猿の仲だったそうだ。
坊ちゃん首相を支えるべき人間が足の引っ張り合いを仕出かしていたせいで、安倍首相は逆風に対して土台から崩された側面は否定できない。

勿論、それだけには集約されないが。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:27Comments(4)TrackBack(0)