September 14, 2007

あの金を見せるのはあなた

子供や女性が危害を加えられる事件が、毎日のように報じられる昨今。

長野県警では希望者の携帯電話やパソコンに犯罪の発生状況をメール配信するサービス、名付けて「ライポくん安心メール」なるものを提供しており、去年8月にスタートしてから370件以上の情報提供を行っている。

警察と住民が情報を共有し、事件を未然に防ぐ手立てを講じる姿勢には、一定の評価を与えようではないか(誰目線だ?)。

ところが、このメール内容で利用者から「不適切ではないか?」との残念な指摘が県警に寄せられてしまった。

8/31。
長野県箕輪町内で、下校中の女子高生が露出狂に遭った。
露出狂はワンピースを着用した「男」であるという、誠にややこしい性癖を有する病人である。
被害者は相当ショックだったであろう。
後遺症が残らないことを祈るばかりである。

被害者は思い出したくもない犯人像を懸命に思い出し、警察に対して
「和田アキ子風の黒色短髪」
と告げた。

県警はこの「和田アキ子風の黒色短髪」という特徴を「ライポ君メール」でそのまま送信してしまい、利用者から上記の指摘を受け、「適切な表現ではなかった」とお詫びメールを登録者5600人に送信した。

「目撃者の証言をそのまま使用してしまった。今後、表現には充分に注意を払いたい。」
県警地域安全推進室は反省コメントを発表している。

一方、和田アキ子の所属事務所「ホリプロ」は
「防犯を第一に考えてのことだと思うが、コメントすることはない。」
と静観の構えをとっている。

失礼な話である。
「ワタシなんかよりももっとタチの悪い和田アキ子に例えないでよ!」と、女装露出狂は今頃、憤慨しているに違いない。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:05Comments(2)TrackBack(0)