September 21, 2007

悔しいというより寂しい そしてお金欲しい

ある評論家が、自民党総裁選に臨む福田康夫を指して「徳川家康のようですね」としたり顔で例えていた。
着々と派閥の票を取り付けるなど、地盤を確り固めてから、71歳にして遂に国家の最高権力者の決戦場に姿を現した福田氏。
関ヶ原の戦いに臨む徳川家康と重なるとも言えなくもない。

となると、麻生太郎を石田光成と例えたくなる。
ここまでの劣勢を象徴する「人望がない」という点と、歯に衣着せぬ発言が似通っているかもしれない。
さすがに無理があるか。

関ヶ原の戦いは、慶長5年9月15日(西暦では1600年10月21日)に、西軍8万VS東軍10の史上稀に見る大軍勢で雌雄を決することになったが、西軍から東軍への寝返りが続出し、一日と経たずに東軍に軍配が上がった。

果たして総裁選は下馬評どおりに決着するのだろうか?
一般市民には選挙権がないからといって傍観者であってはならない。
目を凝らしてこの行方を見守る必要があるのだ。

最も興味があるのは、この情勢を安倍前首相が病床からどのように見つめているか?ということ
全く無関心やったりして。

別のある評論家がこう分析していた。
「安倍さんには信頼できる参謀役がいませんでしたね。」と。

安倍首相の側近、井上義行秘書官と塩崎恭久官房長官は犬猿の仲だったそうだ。
坊ちゃん首相を支えるべき人間が足の引っ張り合いを仕出かしていたせいで、安倍首相は逆風に対して土台から崩された側面は否定できない。

勿論、それだけには集約されないが。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:27Comments(4)TrackBack(0)

September 12, 2007

疲れた

「泣かぬなら 泣くまで待とう ホトトギス」
「泣かぬなら 泣かせてみよう ホトトギス」
「泣かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」

徳川家康、豊臣秀吉、織田信長の性格を例える上で用いられる有名な俳句である。

「あなたは今から農民として戦国時代で生きなければなりません。3人の内のどの人物の元で生きるかを1つ選択しなさい。」
という超非現実的な境遇に立たされた時、誰を選びます?

ボクは強いて挙げるなら秀吉か?
家康はネチネチしてそうだし、信長は恐すぎるし。

「次期首相」との声が挙がっている小泉元総理は、信長好きだそうで…。

心臓に 毛は生えてない 安倍首相

お疲れ様でした。  
Posted by foe1975818 at 23:42Comments(6)TrackBack(0)

June 10, 2007

遺影

サミット(主要国首脳会議)のためドイツのハイリゲンダムを訪問していた安倍晋三首相。
記者会見の場で
「2050年までに世界の温室効果ガスを半減するという日本の提案を軸に議論が進められ、私の提案が文書に盛り込まれた。サミットで貢献でき、大きな充実を感じている」
と胸を張って総括した。

そうかな?
聞き流されていたようにお見受けしましたが…。

それを裏付けるかのような事実が発覚。
各国首脳の写真を掲載していたドイツの某新聞。
Shinzo Abeの顔写真が…御覧下さい。→誰?
先日、新しく就任した赤城徳彦農相の写真が掲載されてしまっている。
どんなけ存在感薄いねん。
まあ、まだ赤城農相でよかったかな。
前任者の松岡ナントカ農相の写真が使われてたら笑えない。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 12:01Comments(4)TrackBack(0)

February 26, 2007

ボーン

森進一氏の名曲「おふくろさん」を作詞した川内康範氏(86歳)が森進一氏に対して憤慨している。

川内氏の怒号を要約すると
「おい!進一!ワシが精魂込めて作詞した『おふくろさん』の冒頭に妙な歌詞を付け加えて歌ってんじゃねえ!ワシの了解は得とらんじゃろ!!貴様は人間失格だ!!今後一切『おふくろさん』は歌わせん!!!」
ということらしい。

森氏は30年も前からアレンジした歌詞で歌っているので、「何故、今?」と寝耳に水の思いのようである。

川内氏はこの一件オンリーで怒り狂っているわけではないのだろう。
きっと根深い溝が両者を遠ざけているはずだ。

川内氏は
「謝罪しても断じて許さん!!!」
と、もはや聞く耳を持たない模様。
事実、森氏は釈明のためにアポなし訪問して1時間粘るも、敢えなく門前払いを受けた。

この2人と一切面識のないボクにとっては愉快極まりないイザコザとして、こうやってブログのネタとしても有効利用させていただいているが、世間的にはどちらが支持されているのだろう?

それにしても、あんなに激怒する老人はなかなかお目にかかれるものでもないが、あの耳毛の手入れ不行き届き加減は、もっとお目にかかれない。
いくら老人だからといって、あれは…。
自分の耳毛の具合が目に入らないほどに怒り心頭なのだろう。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:55Comments(5)TrackBack(0)