November 01, 2006

風通し

宮崎哲弥氏の発言を一部採り上げれば、

「最近の子供は弱くなっている」

とのこと。

例えば、先生Aがある生徒Yに対し、
「お前!これで忘れ物をしたんは何回目や!!」
と注意し、出席簿でケツをバシンと叩いた。
「次はこれでは済まんぞ!おい、○○。悪いけどコイツに資料を見せたってくれ。」
忘れ物を仕出かした生徒の隣に座る生徒に促した。
「ホンマ、しゃーないやつや。」
場を和ますかのように先生Aは少しだけ笑みを浮かべる。

ボクが中学生のときはたまにこういうことが発生していて、先生は頻繁に忘れ物を仕出かした常習犯生徒に対して決して色分けすることなく同様の対応をしていた(ボクはそんなヘマを犯しませんでしたよ、うふ)。
注意を受けた生徒はケツを摩りながらちょっとバツが悪そうに席に着き、コソコソと他の生徒に言い訳する。
それを聞いた生徒も「アホやな〜。先週あんなけ先生言うてたやんけ。」とコソコソ言い返す。

さて、上記のやりとりで現在の教育の場において問題点はあるのだろうか?
考えられるに
一、出席簿でケツを叩いた
二、生徒を「お前」呼ばわりした
三、他の生徒が見ている前で注意した
が挙げられるのか?

1,2年前、上記の対応を採っていた先生Aが辞めたと聞いた。
「やってられへんわ」
と捨て台詞を吐いて。

このA先生は我々の中学生時代は熱血先生で、サッカー部の顧問を受け持っていたわけだが、部活動においても外野の声により規制が厳しくなってしまい、まともな部活ができなくなっていたと溜息をついた。

現在、熱心な先生ほど学校を辞めてしまっているとのこと。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:42Comments(9)TrackBack(0)