May 13, 2007

喜び悲しみ繰り返し

ダウンタウンのごっつええ感じはお笑い史に残る名番組で、今の若手芸人も少なからず影響を受けているものと想像する。

ごっつええ感じのレギュラー陣で異彩を放っていたのが、板尾創路。
彼には様々な逸話が残されている。
ファミスタのコンピューターVSコンピューターの戦いを真剣に観戦しているとか。
ウォークマンのイヤホンを装着して目を瞑っているものの、実は音楽が流れていないとか。
枚挙に暇が無い。
最近ではガキの使いやあらへんでの「板尾の嫁」がブレークしたり、役者としても活躍の場を広げている。
その昔、淫行騒動で御用となるも、吉本をクビにされず芸人として復帰できたのは、時代背景もツイていたのかもしれないが、松本らがその「素質」を惜しんで会社にクビだけは回避してくれと頼み込んだからとも伝えられている。
元・極楽とんぼの山本圭壱氏に手を差し伸べる人は存在するのだろうか?

さて、ごっつええ感じで彼が扮する「シンガー板尾」。
ザ・ベストテンのパロディで、司会の浜田が無茶なタイトルを振り、シンガー板尾がタイトルになぞらえた歌をアドリブで歌い上げる。

最近ブレーク中のムーディ勝山も、シンガー板尾からエキスを頂戴しているに違いない。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 10:14Comments(8)TrackBack(0)