July 16, 2007

せんせい

「巨人首位陥落」の大変喜ばしいニュースが流れてきたプロ野球界は、民放での放送が著しく減少している。
そんな状況下で、先日、貴重な東京ドームでの巨人VS阪神戦にありつけた。
ところが、解説が中畑清と川藤幸三の大ハズレ。
消音で観戦しようかとリモコンを握ったが、思わず手が止まった。
巨人の代打・亀井が無気力と捉えられても言い訳できない三振に終わった場面で、川藤が代打の心構えについて彼独特の甲高い声で喋り始めたのである。

「一回もバットを振らんでどないすんねん!思い切り振ったら気持ちが落ち着くんや!」

仰る通りである。
まずは振らなければ何も始まらない。
ましてや打つことのみを期待されて送り出された「代打」である。
それが凡打に終わったとしても、それは結果論。
振らずに棒立ちで三振に終わってベンチに帰るのは最も頂けない。
代打職一本で現役を全うした川藤だけに、その言葉には重みがある。

中学の野球部時代。
ボクたち世代初の練習試合に臨むことになり、ボクは1番打者として打席に入った。
ただの1打席ではなく、自分の打撃が通用するのか、そしてこの新チームの将来を左右する打席と言っても過言ではない。
バットを振ることなくフルカウントとなり、6球目。
思いっきり振った結果は、ファウル。
この時、凄くホッとした記憶がある。
緊張が解れ、思いっきり引っ叩いた次の打球は、ボクの野球人生で最長の飛距離をマークしたが、当時の箕面一中のライトはフェンスまで異常に距離があり、しかも相手チームの箕面四中のライトが異常に深い守備位置をとっていたので、フェンス際で見事に好捕されてしまった(相手の野球部監督は元箕面一中の監督だったため、ボクの打球癖を見抜いてライトに深い守備位置をとるように指示を出していたのだ!)。
アウトになりはしたが、これで自信がついたのは事実である。

川藤の言葉で、昔を少し思い出した。
たまにはいいことを言うじゃないか。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:10Comments(3)TrackBack(0)