December 03, 2006

ど阿呆に付ける薬なし

2着に惜敗したものの、今日行われたG戯綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズのアストンマーチャンのパフォーマンスはボクの想像を上回っていた。
ただ、あそこまで踏ん張れたのは開幕週の綺麗な馬場が味方した感も否めず、桜花賞で全幅の信頼を置けるかどうかは疑わしい。
前走ファンタジーSではラインクラフト級かと窺わせたが、距離適性はラインクラフトよりも短い、いや狭そうだ。
1200mなら相当の活躍が期待できる。
今以上の成長が見込めないとしてもだ。
実際、直線に入ってからの走法は完全にスプリンターのそれで、新装阪神競馬場1600mでは最後の最後に適性の差が出た。

勝利したウォッカは父タニノギムレットと馬体も然ることながら、走法もそっくり。
厩舎が厩舎だけに今後も抜かりなくG祇鐇で馬券に絡んでくるだろう。

ボクが本命に抜擢したハギノルチェーレの末脚は爆発することなく、終始後方のままゴールインした。
しかし、この一戦だけで見限るのは早計で、この馬を3月に引き継ぐことになる松永幹夫新調教師が桜花賞に引き連れてくれると信じている。
元はといえばハギノルチェーレに騎乗していたのは、今日、ウォッカを駆って勝利した四位騎手。
その彼がハギノルチェーレとウォッカを天秤に掛け、迷うことなくウォッカに騎乗することを選択している。
「四位よ!その選択が間違いだ!」
鼻で笑いながら馬券を購入したボクの選択が、今日のところは大間違いだったのである。
ウォッカにヒヒ〜ンと鼻で笑われそうだ。


  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:31Comments(7)TrackBack(0)