December 17, 2006

ようこそここへ

もえちゃん細い!

いやあ、一昨日、「たかじんのそこまで言って委員会」の番組観覧に行ってきたわけですが、山口もえは細すぎまっせ。
風速2mそこそこで簡単に吹き飛ばされるんちゃうか?
男はそうは思わないが、「女性の体はガリガリが美徳」なる女性陣の今の意識は、超危険である。
とか何とか言いながら、2時間ちょいの収録時間のうち80%はもえちゃんを上から下まで舐めまわすようにガン見してたんやけど。
内容はON AIRで見れるわけやし、折角スタジオに潜入したならば普段お目にかかれない部分をチェックすべきであろう。

収録にあたって様々な注意事項の説明を受けた。
タバコはダメとか、携帯は電源を切っておいてくれなど、普通の大人ならば言われんでもわかっとるわい!という内容ばかりだったが、その説明をするディレクターと思しき30前後の男が大阪の商人のような口調。
ネタもふんだんに織り交ぜてくる。
今まで何度となく同じ説明を繰り返しているし、さらに練られているからおば様方にはよくウケる。
おもろいのだが、揉み手しながら喋るのは何とかならんもんかい?

まず最初にスタジオに登場したのは桂ざこば師匠。
100人ほどで構成された我々観覧者は、ついさっき練習したとおりの拍手で声援を送った。
「もうええて!」
ざこば師匠は恥ずかしがって、異様に盛り上がる我々の歓声を遮ろうとする。

続いては雪崩れ込むようにメンバーが登場。
橋下徹に宮崎哲也、勝谷誠彦、三宅久之、金美鈴、田嶋陽子、そして山口もえちゃんが次々に着席していった。
MC席には辛坊アナウンサーが立ち、満を持してやしきたかじんが登場。
より一層でかい声援が送られた。

フワッとした感じで番組は始まった。
最初のテーマは未解決事件について。
ゲストで元警視庁刑事のファンタジー北芝が登場。

内容はON AIRでご確認ください。
ただ、「ピー」だらけだろう。
いや、ピーならマシ。
放送されない可能性が大いにある。
辛坊氏も「これ、放送できるんか?」とボヤいていた。
お題に無い事件まで盛り上がってしまったし。
北芝氏は年齢詐称疑惑についても語ってくれた。

世田谷一家殺人事件に関してであるが、ファンタジー北芝によれば、今、警察は犯人像を2つに絞っているとのこと。
その1つの説では某カルト教団が関連しているとのことだが、折角オブラートに包んで番組が進行していたのに、三宅先生が思いっきり「○○○○でしょ?」と某カルト教団名を名指しで発言。
スタジオ中がずっこけた。

続いて盛り上がったライブドアの野口氏の自殺の件も含め、どのように編集されているのか、12時間後の放送がとても興味深いところだ。

この一発目のトークテーマでは、基本的に我々観覧者のみならず出演者も北芝氏の話を食い入るように聴いてしまうので、三宅先生VS田嶋陽子などのこの番組らしい侃々諤々の討論は見られなかった。

ぶっちゃけた話、北芝氏のファンタジーをもっと聴きたかった。
いや、ファンタジーのみでもよかったかもしれない。
残されたあと2つのトークテーマは興味がそそられるものではなかったし、実際イマイチ盛り上がりに欠けた。
それでも勝谷氏と宮崎氏から極めて重要な情報を得たが、ON AIRされないだろう。
これも仮にON AIRされてもピーだ。

収録時間は2時間10分ほど。
その間休憩は一切無く、狭いシートに座ったままで腰が痛いのなんのって。
もちろんこれはコメンテーターの方々も同様である。

収録の80%を費やしてガン見していたもえちゃんの動きであるが、滅多に発言しないのに途中咳き込んでいたり、VTRが流れている間にちっちゃいペットボトルのお茶をストローでチューチューしていた音がマイクを通して入っていた。
たまにしか発言しないし、たまに発言したかと思えば周囲のペースを止め、ぽわ〜んとした口調で発言するのだが、意外と核心を突いていたりするので侮れない。

タレントさんの動きで気になったところを箇条書きで挙げてみる。

勝谷氏の貧乏揺すりが尋常ではなかった。

VTRが流れている間、宮崎氏はVTRに出てくる悪事を働いてる人物に対して「怪しからん!」と突っ込みまくっていた。

VTRが流れている間と言えば、たかじんはスタジオからいなくなる。

宮崎氏は橋下氏とコソコソとよく喋っていた。

橋下氏は下ネタで一笑い誘った。
内容は忘れたけど。

一番実感したのは、TVで見るよりスタジオが狭く感じられ、我々観覧席から出演者までの距離が近かったこと。

それと、もえちゃんが文句なくかわいかったことだ。  

Posted by foe1975818 at 01:30Comments(12)TrackBack(0)

October 28, 2006

女の闘い

関西ローカルの「ムハハ no たかじん」という番組に芸能レポーターの井上公造氏、ジャーナリスト勝谷誠彦氏と、タレント橋下徹氏が出演していた。
3人が口を揃えていたのが、「東京のワイドショー番組では言いたいことが言えない」と。
厳密に言えば、発言できる時間を与えてもらえない。
その分大阪の番組では歯に衣着せぬ発言で話を展開する。
実は大阪が特殊なだけであって、東京を始めとするほとんどの主要都市の番組では核心を口にできないだけなのだ。
どっちがいいかはわからんが…。

時間を与えられない要因として、東京のワイドショー番組は出演者が無駄に多いとの指摘もされている。
上記の番組では「ピー」が挿入されていたが、「関口宏のサンデーモーニング」なんかはその顕著な例だ。
先週のサンデージャポンで、イジメ問題に関しヘラヘラ笑いながらコメントしていた現役高校教師の今村克彦氏に対し、良い人キャラを発揮しているタレント高橋ジョージが「そのヘラヘラが気に食わない。人が死んでるんだ」と突っかかり、一食触発の雰囲気を醸し出していた。
その喧々囂々の中で今村氏が口にしたのが、
「こんな5分や10分そこらで何が解決できんの?」である(まあ、それを承知で出演したわけだから仕方ないし、実際あのヘラヘラは出演者の誰かに突っ込まれるだろうなとは容易に推測できたが)。


そのサンデージャポンでずっと引っ掛かっていたのが、青木裕子である。
「ゆうこりん」と囃し立てられ、高がアナウンサーごときが、なぜあんなに脚を露出しているのだ!?
何とも頂けない。
いや、頂ける。

ゆうこりんごときでチヤホヤされちゃあ困る(されてないか?)。
大阪にだって脚の露出こそ少ないが、美しい女子アナウンサーがいるぞ。

関西TVの村西利恵…。

東京のチャラチャラした女子アナとは一線を画し、特に最近グッと落ち着いた感じを醸し出し、よしゆきロビンソンはもっこり…いやいや違う違う、うっとりである。
彼女は全国進出を密かに狙っているのではないだろうかとボクは読んでいる。

フリーになって向こうで勝負するなら、関東の女子アナには負けるんじゃないよ!

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 01:07Comments(7)TrackBack(1)