July 23, 2007

41年越し

ボクの親父は大阪府立桜塚高校1年の野球部時代に、あの江夏豊を見ている。
準々決勝の相手が「江夏の大阪学院」戦。
部員数が少ないため1年生ながらベンチ入りを果たした親父は、守備練習でグラウンドに登場するはずの江夏の姿を見つけることができなかった。
当時から規格外の体格を誇っていた江夏を発見できないわけはない。
でも現実にはグラウンドに姿を現していた。
ふてぶてしい態度でグラウンドを闊歩する監督と認識していたのが、江夏だったのである。

投球練習場のマウンドに立った江夏。
注目はキャッチャー。
キャッチャーミットが、前ではなく下を向いている。
なぜか?
下を向けておかないと、江夏が投げ込むホップするボールを捕球することができないのだ。
江夏の球は、大袈裟ではなく、目で捉えることができなかったそうだ。
因みに当時の江夏は直球しか放れなかった。

その江夏率いる大阪学院に、桜塚は1-0で勝利した。
唯一の得点シーンを親父が振り返る。
1塁走者のリードが大きいと察知した江夏が牽制球を投げたが、1塁手がボ〜ッとしていて後逸。
カバーのライトもボ〜ッとしており、グラウンドを転々する間に1塁走者が長躯ホームイン。
この虎の子の1点を守りきり江夏に投げ勝ったのが、桜塚の好投手・奥田敏輝(としてる)。
親父世代の大阪の野球好きで「桜塚の奥田」を知らない人はいない。
ブルペンで奥田投手のボールを受けていた親父曰く、
「ストレート、カーブ共、切れ味抜群。唯一の欠点だったボールの軽さも、監督の助言によるサイドスロー転向によって改善。この改善がボールの切れをさらに増幅させた。」
打者としての才能も優れており、江夏からフェンス直撃のヒットを放っている。

ワンマンチームだった江夏に投げ勝ったことをフロックだとしても、決勝相手の北陽は甲子園常連で甘くはないと予測されたが、5回まで僅か1失点。
奥田の好投に応えようと攻撃陣が反撃の狼煙を上げ、ノーアウト2,3塁の逆転のチャンスを作り出した。

ところが…。
試合途中で降り出した雨のため順延。
桜塚は再試合で敗れ、甲子園をあと一歩のところで逃した。
「名門野球部でもないただの公立高校が甲子園の土を踏む」
その大きな夢が打ち砕かれた瞬間だった。

もし、あのまま雨が降らなければ…。

因みに江夏も奥田もこの秋のドラフトで阪神にそれぞれ1位、5位で指名され、入団。
再試合で勝利した北陽のエース園田は、現ロッテにドラフト1位で入団した。
奥田さんは1軍で目立った成績を上げることなく引退。
今年、亡くなったらしい。


今日、我が母校・池田高校が北淀高校相手に10-0で5回コールド勝ちを収めた。
相手の自滅なので、点差ほどのチーム力の差はない。

この試合が行われた万博球場の第一試合が因縁の桜塚VS北陽だった。
いくら公立の雄・桜塚とはいえ、甲子園常連の北陽相手とあっては
「桜塚としてはいい試合を」
それぐらいの期待しか持てない。
本心は、
「コールド負けだけは避けてくれ」
である。

万博の駐車場に車を停め、降りると、大歓声が耳に届いてきた。
おそらく北陽側の声援だろう。
さすが甲子園常連だけに応援の人数も多いし、力が入っている。
チケットを購入し、球場に入場。
スコアボードを確認する。

8回裏終了で、桜塚5-4リード!
何ーっ!!!
何度目を擦ってみても桜塚リードだ。
さっきのでっかい声援は、北陽が8回裏に1点を返したときのものだろう。
強豪が劣勢なんだから、そりゃ声援に力が入るのも頷ける。

「桜塚はどうなった?」
親父からメールが入った。
「9回まで1点リードしてるで!」
小刻みに震える手で返信。

9回表。
桜塚の攻撃は、ボクに落ち着かせる猶予を与える間もなく終了した。
北陽のピッチャーが三者連続三振に斬って取ったのだ。
恐ろしく速い球で。
よくこんなピッチャーから5点も取ったな。
もしかしたら桜塚が得点したときは、別のピッチャーが登板していたのか?

しかししかし、ここまで来たら41年前の雪辱を晴らせ!
桜塚のピッチャーは左腕で、投球練習を見た感じでは角度のある直球と右バッターのインコースのストライクからボールになるカーブのコンビネーションで勝負するタイプ。
北陽はこれに手古摺っているのだろう。
さらにノーマークだったの相手への慢心もあったのかもしれない。

桜塚のピッチャーは先頭打者にフォアボールを与えた。
続くバッターにはレフト前ヒット許す。
レフトがボールをお手玉する間に進塁し、ノーアウト2,3塁の大ピンチ。
4番を敬遠気味に歩かせ、5番バッターをショートゴロの本塁封殺で仕留めた。
迎えるは6番バッター。
勝負にいった内角のストレートが胸元を掠めて押し出しデッドボール。
同点。
7番に代打を送ってきた北陽。
1アウト満塁。
1点も許されない場面。

打球はレフトフェンスを超えた。

マウンド上で崩れ落ちたエース。

あの時の桜塚を良く知る人たちも沢山駆けつけていたようで、その内の1人に訊くと、桜塚のエースは序盤からかなり飛ばしていたので、最終回はだいぶヘバッたとのこと。
強豪相手に真っ向勝負を挑み、最後は実力で打たれた。
下を向く必要は全くない。
ナイスピッチングだ。
OBを含む応援団と合流したナインには、盛大な拍手が送られていた。
感動したボクも送った。

一番落ち込んでいたのは、親父だったかもしれない。


ボクたち親子が参加している草野球は準決勝進出。
日曜の試合は相手が弱すぎて全く面白味のない試合に終わった。
相手チームのエースが参加してなかったようで、代わりのピッチャーがフォアボールばっかだし、ライト前にポテンヒットを打って走ってるときに右太腿に肉離れを発症したし。
こんなことなら参加するんじゃなかった。

今日の夕方、行きつけの整骨院で看てもらったら、「暫く安静にしてください」との指令が。
「日曜に準決勝があるんですけど。」とは言えなかった。
「絶対、ダメ!」と制止されることが目に見えていたし。
でもまあ、現実には「ダメ」の二文字は聞いていないわけだし、出場はOKと解釈する。  

Posted by foe1975818 at 23:41Comments(2)TrackBack(1)

April 13, 2007

傍聴機関車

和歌山県発注工事をめぐる談合汚職で、収賄と談合の罪に問われた前知事木村良樹被告(55)は10日、大阪地裁の初公判で起訴事実を認めた上で、「清濁併せのむのが政治だと誤った考えを持っていた。」と述べた。木村被告は「いずれの事実も有罪と認めます。県民の皆さまや関係者に深くお詫びします。」と謝罪。政治の捉え方が誤っていたことを吐露し、「談合の具体的な仕組みは知らなかった。」と弁解した。

こちらが裁判所の玄関を通過する木村被告

この裏で実はちっちゃな押し問答が勃発していた。


梅田近辺で昼食を採っていた両親。
たまたま近所に裁判所が。
ボクが頻繁に裁判の傍聴話を喋っていたこと→を思い出し、私たちも傍聴しようとの計画が持ち上がったそうな。

裁判所に到着すると、傍聴を望んで整理券を待つ人々の長蛇の列と、マスコミの人だかりが目に入った。
「大物が来よんねんな」と察知。
暫く周囲を窺っていると、冒頭の木村被告が弁護士を引き連れて現れたのである。
被告や原告が裁判所に入っていくシーンはニュースでよく流れているが、まさにその場面に遭遇した。

木村被告が裁判所に入っていく様子をカメラに押さえようと身構える夥しい数のカメラマンたち。
ところがここで親父が予想だにしない行動に突っ走る。
何を血迷ったか、あたかも自分も大物被告人であるかのように、木村被告と並んで裁判所の出入り口を通過しようとしたのである。

即、警備員に
「カメラに映りますから入らないでください!」
と注意を受けた。
親父は笑いながら口答えする。

「ワシは映っても構いまへんねん。」

そういう問題ではないのだよ。
そのタイミングで入ってはいけないのは雰囲気で読み取れるだろ。

木村被告の姿を捉え終えたカメラマンは去り、少数のマスコミ関係者のみが残った。
ほとぼりが冷め、漸く裁判所の玄関から入った。
親父がオカンに嘲笑されていたのは想像に難くない。

玄関を入ってすぐの場所に机が並べられており、その上にはその日行われる裁判メニューが数冊置かれている。
メニューをめくってるうちに、ボクが法廷で仁義なき方々に出くわしてしまった恐怖話を思い出し、覚醒剤所持で御用となった女性被告人の傍聴に決めた。
女性なら仁義なき方々も集まっていないだろうとの読みである。

目的の601号法廷に向かう前にWCで用を足しに行く親父を放置して、一足早く601号法廷に向かうオカン。
601号法廷前の長椅子には、哀川翔級に股を広げ、竹内力級に顔を顰めながら腰を掛けている程度の低い若い男の他、女性も含めた数人が鎮座していた。
オカンは殺気に慄き、601号法廷前で足を止めることなく通過。

WCを出た親父は601号法廷前にオカンの姿が見当たらないため、そのまま601号法廷を通過し、その先で身を屈めているオカンに歩み寄った。
親父…「アイツら何や!?歩いてるワシを座った姿勢でめっちゃ下から見上げるようにして睨んできよんねん。」
オカン…「ホンマ、怖い人ばっかりやな。他の法廷に行こう。」
違う法廷の傍聴に行くことを決めたものの、先程のややこしいメンツの影がちらつき、結局、1つの傍聴も果たすことなく裁判所を退いたのだそうだ。

被告人が女性だから程度の低い連中はいないだろうという読みは甘すぎる。
女性だからこそ背後に男の影が蠢いており、つるんでいたヤツらが裁判の行方を観察しにくるのは至極当然だ。
どうせ暇を持て余しとるんやし。
というか、男が関わっていない犯罪の方が稀である。

それと、親父よ。
程度の低い面々があなたにメンチを切ってきたのは、あなたをライバルだと決め込んでいたからではないか?
今時、西武警察時の渡哲也級のグラサンを掛けて、江夏豊級に蟹股で闊歩するあなたこそ仁義なき人に見えますからね。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:05Comments(5)TrackBack(0)