April 13, 2007

傍聴機関車

和歌山県発注工事をめぐる談合汚職で、収賄と談合の罪に問われた前知事木村良樹被告(55)は10日、大阪地裁の初公判で起訴事実を認めた上で、「清濁併せのむのが政治だと誤った考えを持っていた。」と述べた。木村被告は「いずれの事実も有罪と認めます。県民の皆さまや関係者に深くお詫びします。」と謝罪。政治の捉え方が誤っていたことを吐露し、「談合の具体的な仕組みは知らなかった。」と弁解した。

こちらが裁判所の玄関を通過する木村被告

この裏で実はちっちゃな押し問答が勃発していた。


梅田近辺で昼食を採っていた両親。
たまたま近所に裁判所が。
ボクが頻繁に裁判の傍聴話を喋っていたこと→を思い出し、私たちも傍聴しようとの計画が持ち上がったそうな。

裁判所に到着すると、傍聴を望んで整理券を待つ人々の長蛇の列と、マスコミの人だかりが目に入った。
「大物が来よんねんな」と察知。
暫く周囲を窺っていると、冒頭の木村被告が弁護士を引き連れて現れたのである。
被告や原告が裁判所に入っていくシーンはニュースでよく流れているが、まさにその場面に遭遇した。

木村被告が裁判所に入っていく様子をカメラに押さえようと身構える夥しい数のカメラマンたち。
ところがここで親父が予想だにしない行動に突っ走る。
何を血迷ったか、あたかも自分も大物被告人であるかのように、木村被告と並んで裁判所の出入り口を通過しようとしたのである。

即、警備員に
「カメラに映りますから入らないでください!」
と注意を受けた。
親父は笑いながら口答えする。

「ワシは映っても構いまへんねん。」

そういう問題ではないのだよ。
そのタイミングで入ってはいけないのは雰囲気で読み取れるだろ。

木村被告の姿を捉え終えたカメラマンは去り、少数のマスコミ関係者のみが残った。
ほとぼりが冷め、漸く裁判所の玄関から入った。
親父がオカンに嘲笑されていたのは想像に難くない。

玄関を入ってすぐの場所に机が並べられており、その上にはその日行われる裁判メニューが数冊置かれている。
メニューをめくってるうちに、ボクが法廷で仁義なき方々に出くわしてしまった恐怖話を思い出し、覚醒剤所持で御用となった女性被告人の傍聴に決めた。
女性なら仁義なき方々も集まっていないだろうとの読みである。

目的の601号法廷に向かう前にWCで用を足しに行く親父を放置して、一足早く601号法廷に向かうオカン。
601号法廷前の長椅子には、哀川翔級に股を広げ、竹内力級に顔を顰めながら腰を掛けている程度の低い若い男の他、女性も含めた数人が鎮座していた。
オカンは殺気に慄き、601号法廷前で足を止めることなく通過。

WCを出た親父は601号法廷前にオカンの姿が見当たらないため、そのまま601号法廷を通過し、その先で身を屈めているオカンに歩み寄った。
親父…「アイツら何や!?歩いてるワシを座った姿勢でめっちゃ下から見上げるようにして睨んできよんねん。」
オカン…「ホンマ、怖い人ばっかりやな。他の法廷に行こう。」
違う法廷の傍聴に行くことを決めたものの、先程のややこしいメンツの影がちらつき、結局、1つの傍聴も果たすことなく裁判所を退いたのだそうだ。

被告人が女性だから程度の低い連中はいないだろうという読みは甘すぎる。
女性だからこそ背後に男の影が蠢いており、つるんでいたヤツらが裁判の行方を観察しにくるのは至極当然だ。
どうせ暇を持て余しとるんやし。
というか、男が関わっていない犯罪の方が稀である。

それと、親父よ。
程度の低い面々があなたにメンチを切ってきたのは、あなたをライバルだと決め込んでいたからではないか?
今時、西武警察時の渡哲也級のグラサンを掛けて、江夏豊級に蟹股で闊歩するあなたこそ仁義なき人に見えますからね。


  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:05Comments(5)TrackBack(0)

October 21, 2006

ホワイトデビル

連続して記事を載せる。
今日も暇なボクである。

ある理由で、ボクは鼻毛を抜くことに抵抗を覚えた。その理由はこちらで→悲惨

という涙、涙の悲しい実話なのだ。

とはいえ、密かにカッティングは行っている。
やっぱり鼻毛が表舞台でそよいでたら気になるし、何よりこそばい。

そよいだ鼻毛に鼻糞が付着してたら大変だ。
だって、もし満員電車で表舞台でそよいだ鼻毛に鼻糞が付着したらですよ、ふとした拍子にちょっと荒めの鼻息で鼻毛から鼻糞が飛び立ち、ボクの前に立つ綺麗なお姉さんの肩なんかに不時着したら…。

「肩に髪の毛が付いてますよ。」
なんて安物恋愛ドラマの第一話にありがちな忠告ならできるかもしれないが、

「肩に鼻糞が付いてますよ。」
なんて忠告は渡哲也並みの容姿を備えた男前でもできませんよ。

以上のズレた例を踏まえるまもなく、鼻毛の手入れは決して怠ってはならない。
これは万人の共通した見解であろう。


で、さっき。
鼻の穴の奥の奥まで見渡せて鼻毛の生育具合を観察できるように左の鼻の皮をひっくり返していたら、ボウボウに鼻毛が生い茂った穴の中で神々しく光る何かが見えた。
鼻水か?鼻糞か?
穿ってみてもこれといった手応えがない。
さらに鏡を近づけてズ〜ムイン。

正体は、白髪だった。

「鼻毛の白髪」

受け入れ難い事実だ。
となると、ここは速やかに退場していただくほかない。

数年振りの鼻毛引っこ抜きの執行を決意。
洗面台の前に立ち、ライトに顔を近づける。
近づきすぎて眩しい。
距離感が掴めないほどに怒り、そして悲しんでいることをお察しいただきたい。

ボウボウに茂った鼻毛を掻き分け、ピンセットで白髪を摘まんだ。
ところが、である。
コイツがまたしぶといのなんのって。
驚異的な根付きの良さで、いくら引っ張っても鼻の穴の肉が盛り上がるだけだ。
長らく鼻毛を引っこ抜いてなかったために根付きが良くなってしまったのか?との仮説を立て、試しに黒いのを引っこ抜いてみたら手応えも音もなくあっさりと抜けた。
5本ほど追加トライしてみるも、どれもこれもやはり同様である。

こうなったら意地だ。
絶対に引っこ抜いてやる。
再び白髪をピンセットで摘まんだ。
今度は白髪の根元にロックオンである。

ニュイ〜ンと引っ張る。
鏡に映ったボクの眼は充血し、ひん剥いている。
もう少しだ。

ブチン!!

抜けた。
優に3cmはあるが、正確ではない。
涙で視界が霞んでいるからだ。

ついさっき、WCでキバッていた我が家の鼻毛抜きの権威である親父に聞いたところ、「白髪のほうが痛い」との間接的な表現で説明してくれた。

さて、抜いた白髪をどうしよう?
財布に入れてたら、お金が貯まるかな?  
Posted by foe1975818 at 01:46Comments(12)TrackBack(0)

October 07, 2006

寝違え

今年一番笑った。
一昨日のナインティナインのオールナイトニッポンである。

「マグロ 撮影快調」

と、東野幸治の

「うっるさいねん!!!」

腹筋が引き千切れるかと心配した。


そのせいでブログの記事で何を書くか全く浮かばない。

したがって今日の競馬でも。

東京11レースの9番マイネルデュプレから勝負。

芝の状態が心配だ…。
  
Posted by foe1975818 at 11:09Comments(0)TrackBack(0)

July 20, 2006

記憶と思い出

「明日の記憶」という映画が公開されていた(今も公開されてるかな?)。
若年性アルツハイマーを患った渡辺謙演じる佐伯雅行と、樋口可南子演じる妻・枝実子が夫婦でこの病気に向き合う作品のようだ。
うちの両親はこの主人公の世代でもあり、作品を鑑賞し、涙した。
ボクはまだ鑑賞するに至ってないが、観なくてはならないのではないだろうかという気になってきた。
というのも、最近、物忘れが激しい。
その事を考えると、自分が確実に老いてきていることを切実に痛感し、少々憂鬱である。

最近、このブログ内で頻繁に登場している友人ヒロキジーニョ
ヤツはボクより1つ年上の同級生であるが、ボクの数倍もの猛スピードで老い、ボケてきている。
冗談抜きで深刻である。ホンマに。

ヒ…「石原軍団のトップの…誰やったっけ?あの、キムタクとCM出てる人。」
どうやら渡哲也が出てこないようである。
ボクはすぐに分かったが、ヤツのことを思い、自力で思い出させるように仕向けた。
よ…「おいおい、軍団の総帥が思い出されへんて重症やぞ。」
ヤツはまだ呻いている。
よ…「兄弟で役者やってるやろ?」
ヒ…「そうそう。え〜っと…。」
イライラしたボクは決定的なヒントを与えた。
よ…「弟の名前が渡瀬恒彦。」
ヒ…「そうそう。あっ!え〜っと『ワタシ』…。」
ボクは魂消た。
よ…「『ワタセ』まで伝えているのに、この期に及んで『ワタシ』やと!?」
ヒ…「あっ!違う違う。『ワタリ』テツヤや!ハッハッハ。」
よ…「頼むわ、ヒロキさん。笑ってる場合ちゃうぞ。悲しすぎるやんけ。」


暫くすると、またヤツは呻きだした。
よ…「今度は誰や?」
ヒ…「あのヒョロヒョロの…。」
よ…「それだけではヒントが少なすぎるわ。男か?」
ヒ…「そう、男で、お笑いやねん。」
よ…「そんなヤツ仰山おるからなあ。」
ヒ…「そうそう、えっと、あの…。」

よしっ!どうやら自力で思い出しそうだ。
友人Hとボクは顔を見合わせ頷き、固唾を飲んでヤツの呻きを見守った。

ヒ…「片割れの名前が矢部で…、えっと、ほら、あの…ジュウドウカ?違うわ、ケンドウカ?」

よ…「えっ!!!まさか!!!『カラテカ』か?」
ヒ…「ウハハハハ!!それそれ!!」

そこにいたヒロキジーニョを含む3人の成人男性は、目に涙を浮かべながら、近所迷惑なってもおかしくないほどにのた打ち回って笑い転げた。
「カラテカ」を知らないなら知らないで全然構わないし、知らなくたって別に社会的にバカにされることは100%ないと言い切れる。
ただ、「柔道家」、「剣道家」ときて「カラテカ」。
ウソみたいな思い出し方である。
ミラクルだ。
全くもって馬鹿げている。
さっき飲んでしまった固唾を返してくれ!もったいない。
さらにヤツは「カラテカ」を思い出すことに精神を集中させたため、「カラテカ」からその後、何を伝えたかったのかをキレイさっぱり忘れてしまっている。
さっき泣きながら笑ったせいで、もう出る涙がないのである。
向こう1年は泣けない。
涙も返してくれ!もったいない。


明日の記憶を制作されたスタッフの方々へ。

ヒロキジーニョのドキュメントを録ってみませんか?
但し、どんなにシリアスな場面でも笑ってしまいますが…。  
Posted by foe1975818 at 21:59Comments(6)TrackBack(0)

July 09, 2006

団長

pandaさんがちょっと前の記事で、ディズニーランドのチケットを密かに手に入れて、売るか売らないかを思案しておられた。
その後のチケットの展開が気になるところである。


その昔、宝○ファミリーランドという動物園と遊園地がごっちゃになった施設が兵庫県にあった(数年前に取り壊された)。
ボクがガキの頃は親によく連れて行ってもらったものである。
でもロビ家御一行は、すんなりとその門をくぐらない。
別に方向オンチというわけではなく、まず、ファミリーランドの側にあるタカラヅ○歌劇場周辺をウロウロしてからファミリーランドに入場するのである。
決してタカラヅ○歌劇場には入場しない。
あくまで「周辺」をウロウロするのである。
ガキの頃はその意味不明な行動を気にも留めていなかったが、最近、その事実を両親が白状した。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 16:16Comments(17)TrackBack(0)