February 25, 2007

博士

プロ野球のキャンプが終了し、オープン戦の火蓋が切って落とされた。
ハンカチーフ王子のライバル、ゴールデンイーグルス田中将大は「マーくん」などと呼ばれ、グッズも売り出され、何かと注目を浴びているようだ。

ニューフェイスの初々しい姿とは対照的に、元バッファローズ中村紀洋は中日ドラゴンズが救いの手を差し伸べたお情け入団テストを受けることになり、元巨人のローズもまた、過去に在籍していたバッファローズの入団テストを受けた。
ローズは初めから巨人なんかに行くなよ。
巨人の固っ苦しい気風に合うワケがないのだ。

日本プロ野球界のスパイスとして存在するおもしろ助っ人外国人はいつ見ても飽きないが、今年は北海道日本ハムファイターズに生真面目な助っ人が加入してきたようである。

スウィーニー投手。
彼は練習が終了するとパソコンを取り出す。
勿論、野球に関するデータも打ち込んでいるのだが、それ以外に生物学に関するものを打ち込んでいるそうな。
しかも中途半端に励んでいるのではなく、博士号取得を目指している。
志が高い。

好奇心も旺盛で、意味がわからないことを発見すれば必ず訊ねる。
パドレス在籍時に同僚だった大塚が打者を打ち取った後に上げる雄叫び

「よっしゃー!!!」

スウィーニーは大塚に

「『ヨッシャー』とはどういうイミだ?」と訊ねたらしい。

大塚は何て説明したんだろう?

こんな生真面目な彼なら、仮に巨人に入団していたとしても気風にマッチするんじゃないだろうか?
でも、真面目がすぎて色んな人の忠告を受け入れすぎたのが災いして自分のバッティングフォームを見失い、前評判ほどは実力を発揮できなかったマックなんて外国人もいたけど。

プロスポーツ選手は引退後の人生の方が長く、引退後にその世界に居残れるのはほんの一握り。
スウィーニー投手のように選手時代から引退後の人生を見据え、予め手を打っておくのも悪くはないだろう。

野球で失敗してタクシー強盗を働いた元巨人の松岡のような憐れな末路を辿ることにならないために…。


  続きを読む

Posted by foe1975818 at 08:04Comments(4)TrackBack(0)