September 06, 2006

スーパー仁君

無事、2500kg余りの男の子が出てきた。
少し小振りな印象を受けたが、最近は小振りが流行のようなので、別段、心配するに至らないだろう。
これからご立派な天皇になるための英才教育を施されるわけで、無事に捻くれることなく育っていただきたい。

今回の親父との女か男の丁半の男の賭けには敗れたボク。
負けは負けだ。
払いますよ、¥1,000。
でもね、おかしいでしょ?
このままでは名無しの子になっちまう。
そうですよ、名前ですよ。
名前を推理しようではございませんか!
ボクは泣きのもう一番を半泣きでお願いし、親父もそれを二つ返事で了承した。
転んでもただでは起きないのが、我が血筋なのだ(往生際が悪い血筋とも言う)。

昭和天皇が裕仁。
今の天皇が明仁。
皇太子が徳仁。

後ろに必ず「仁」が引っ付く。
というわけでボクの予想は

「義仁(ヨシヒト)」。

いい名前じゃございませんか。
だって、ボクの義之からとったんだもん。

これに対し、親父は

「仁仁」

マジメにやらんか!どあほうが!!
こっちは白黒つけたいんだよ!!
「仁仁」って、パンダじゃねえんだから!!!
と怒りをぶちまけたところ、

「成仁(ナリヒト)」

平成の成からパクったんだとよ。
安易すぎる。
的中するわけがない(ボクのも大概、安易やけど)。

この仁義なきアホな闘いの決着や如何に!!  

Posted by foe1975818 at 22:42Comments(8)TrackBack(0)