April 10, 2008

オレたちってこんなに仲良かったっけ?

今年もこの季節がやってまいりました。
昨年は祖母の不幸が重なり遠征できなかった「ヒロキジーニョと行く桜花賞観戦ツアー」。
4/13に迫った。
目前だ。
一切競馬をやらないヒロキジーニョも「桜花賞だけは毎年やろう!」と突如言い出し、ボクが東京から帰ってきた5年前から観戦を続けている。
残念ながらヒロキジーニョは未だに的中を果たしていないが、今年は例年にない意気込みで、荒い鼻息が受話器から伝わってくる。
煩くて仕方ない。

女の子の祭典・第68回桜花賞。
ボクの本命は5番「オディール」。
自信あり。
振り返るのは、遡ること昨年12月に行われた「阪神ジュベナイルフィリーズ」。
この日は現地に遠征しており、しかも珍しく馬券で大勝ちしたのでよく覚えている。
2歳女王を決めるこのレースで最も強い競馬をしたのは、先行各馬が総崩れの中、唯一4着で踏みとどまったオディールである。
その時以来の出走となった3月のチューリップ賞では新興勢力の「エアパスカル」の後塵を拝したが、それは展開のアヤでのもの。
Don't Worry.
ここでもオディールが実質は最も強い競馬をした。
桜花賞はその2つのレースの再戦ムードである。
したがって本命が相応しい。

判らないのが「リトルアマポーラ」。
この馬だけが別路線を歩んできた。
牡馬相手に善戦し評価が高まっているようだが、昨年の「ウォッカ」の例を出すまでもなく、牡馬が弱すぎただけなのかもしれない。
それに人気するので配当の妙味が少ない。
押さえ程度にとどめる。

2番手に挙げたいのが「シャランジュ」。
ジョッキーが、今年尽くボクの馬券を粉々にしてくれているスタート下手な「村田」というのが最大の不安要素だが、シャランジュ自身は多分に展開待ちの要素が色濃い典型的な追い込み馬で、多少の出遅れは不利にはならないだろうし、兎に角、確実なる末脚を使って上位に食い込んでいる。
しかも阪神競馬場への長距離輸送も経験済みとあらば、押さえておきたい1頭だ。

次は「トールポピー」。
愛読競馬雑誌「週刊Gallop」の紹介ページでのトールポピーと厩務員の写真がボクの心を鷲掴みにした。
あんな愛らしい写真はなかなかお目にかかれないぞ。
福山雅治の写真館に足を運ぶくらいなら、こちらに目を通してほしい。

あとの候補は現地でじっくりと観察し、戦略を練る。
因みに桜花賞当日は毎年女性タレントが軽いイベントを行うために阪神競馬場に来場する。
今年は眞鍋かをり。
ハズレだな。  

Posted by foe1975818 at 22:31

November 09, 2007

恋人

今年に入りドラマはNHKの大河ドラマ「風林火山」のみの視聴だが、今クールは「ガリレオ」と「相棒」にチャンネルを合わせている。
元来、刑事モノや謎解きモノが好きなので、作品の出来不出来に関してはどうでもいい。
無論、ドラマに深みを持たせるなら、「ケイゾク」のように1話から「引っ張り」を用いた方がいいとは思うが、両作品とも、一週、見逃しても痛くも痒くもない「一話完結」というのは非常にありがたい。

「ガリレオ」は柴崎コウが光っている。
何と言っても目力が素晴らしい。
目がでかけりゃいいというわけではないが、彼女の瞳に吸い込まれそうだ。参った。

福山はどうしても役者としての仕事を選択したいなら、恋愛ものとか、感情の起伏の激しい役よりも、ああいう無機質な役が適しているだろう。

そしてこのドラマの特徴は、毎回、ゲストで大物が登場する。
ボクはまだ2話しか見れていない。
先週が広末。
もう1話が今週だった。
こちらは大物も大物、超大物。

蒼井そら。

不満なのは、その出演時間。
冒頭で小物の香取慎吾が蒼井そらをプールで手を汚すことなく殺害し、蒼井そらの出演は、瞬きしている間に終了。
この役どころは、大物に対して失礼だ。

逆でいいじゃないか。
蒼井そらが香取慎吾をさっさと殺めて、得意の物理学でもって謎を解明しようと接近を試みる福山に対して、
「そんな小難しいお話はおやめにしません?」
などと色っぽい言葉を駆使して拒み続け、セクシーな衣装を纏って徐々に色仕掛けを行っていく。
それにも屈さず、頑固なまでに物理で謎を解こうとする福山。
感情を表に出さない福山が、どこまでそのキャラを維持できるかが見モノ。
しかし蒼井そらから次々に繰り出される巧みな妖術に、福山は鼻の奥まで見渡せるほどに鼻の下を伸ばし始めた。
「あら、物理のお話はもうなさらないの?」
「物理も、君の美しさの前では平伏してしまった。」
などとクサイ会話が交わされ、遂に福山は蒼井そらに撃沈する。
その様子を逐一盗み見していた柴崎コウは「こりゃダメだ。福山は使えねぇ。」と見切りをつけ、自力で解決しようと奔走するが、福山は引っ掛かるフリをして謎を解いていたってな寸法だ。

いや、謎説きなんかどうでもいい。
蒼井そらと福山の濃厚な絡みを中心としたピンクシーンを全面的に押し出そう。
ボクがプロデューサーなら、ピンクのみで35分は尺を使うね。
プロデューサーの権限でボク自ら出演し、お二人に交ぜてもらうのも悪くない。
「そっちのガリレオより、こっちのガリレオを試してみないか?」
「あら、大した自信だこと。確かにサイズは及第点だけど、テクニックがまだまだ蒼いわ。」

これじゃC級以下のAVだ…。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:13Comments(6)TrackBack(0)

September 27, 2006

こっち来いよ

タイキシャトルが繋養されているイーストスタッドでの出来事。

5組ほどが見学時間に集合した。
その中の親子連れ。
父母と7,5,3歳ぐらいであろう3人のお嬢ちゃんたち。
パパさんはマシンガンのようなでかいキャメラを手にしている(他の組もそうだが…)。
やる気満々である。

「タイキフォーチュンだぁ!」
お嬢ちゃんたちも馬の名前をでかい声で口にしていた。
家でパパさんに洗脳されているのだろう。
可哀相に…。

放牧地は1頭につき1haほど(もうちょっと小さかったかな?)与えられており、中央で無心に草を食む馬もいれば、柵の近くで見学者をチラ見しながら草を食む馬もいる。
見学者としては、当然、柵の近くに来てほしい。

テイエムオペラオーのライバルだったメイショウドトウの放牧地に辿り着いた。
柵の近くで佇み、我々を悠然と見つめている。
メイショウドトウをバックにお嬢ちゃんたちを立ち並ばせてパパさんは福山雅治ばりにシャッターを切る。
ボクはデジカムを手にAV監督さながらのキャメラワーク。
ふと目を遣ると、パパさんはなかなかナイスショットを撮れないようだ。
お嬢ちゃんたちをちょっと移動させてみたり、パパさんが移動したり。
すると、パパさんがもたついている間にメイショウドトウはノソノソと立ち去ってしまった。
お嬢ちゃんたちに対してちょっと語気を荒げるパパさん。
「もっと早く動かなきゃダメでしょ!?」

でかい声を出すなって言われただろうがよ。
しかもお前がドン臭いだけだろうがよ。
心の中で叫ぶボク。

イラつくのでメイショウオウドウの前に移動した。
おそらくこの馬は見知らぬ人には近づかない。
柵の近くで草を食んでいたが、ボクが近づくと中央へ移動する。
他の見学者も同様だ。
さらには、他の馬とは異なり、隙間が狭い柵で覆われている。
これは人に噛み付く可能性を示唆しているのだ。
そんなことを露知らず、パパさん連中がやってきた。
すると、柵の近くにいたメイショウオウドウがお嬢ちゃんたちに興味を示し、その場を動かない。
「パパ早く〜」
でっかい声でパパさんを呼ぶお嬢ちゃんたち。
でっかいキャメラとでっかい腹を揺らしながらダッシュしてきたパパさん。
パパさんのダッシュを目撃したメイショウオウドウは柵沿いを行ったり来たりと走り始めた。

でかい声を出すなって言われただろうがよ。
走るなって言われただろうがよ。
心の中で叫ぶボク。

またまたシャッターチャンスに困り果てるパパさんだったが、メイショウオウドウが子供たちに興味を示していることを察知し、お嬢ちゃんたちに対してこっちへ連れてきてとお願いしはじめた。
パパさんの指令を忠実に実行するため縦横無尽に走り出したお嬢ちゃんたち。

メイショウオウドウは完全に興奮状態。
怒りの沸点に達したボクではあったが、ここで声を荒げては逆にボクが加害者として牧場の人に怒られてしまうし、何よりもメイショウオウドウに迷惑がかかる。

ここは堪えたボク。
牧場を出てから優しく丁寧に注意してあげよう。


気づくとバカ家族はいつの間にかメイショウオウドウを手なづけ、メイショウオウドウをバックにお嬢ちゃんたちを一列に並べていた。
しかも、馬栓棒と呼ばれる柵の前なので、メイショウオウドウは柵の間から顔を出したりしている。
おっ!これはナイスな状況。
さあ、パパさん、シャッターチャンスですよ!

で、シャッターを切ろうとした瞬間。

メイショウオウドウが柵の間から1番ミニマムなお嬢ちゃんの洋服を口で引っ張った。

お嬢ちゃん大泣き。

パパさん焦る焦る。

ボク笑う笑う。

よくやったメイショウオウドウ!!

ボクが注意するまでもなく、メイショウオウドウが身をもって示してくれた。

泣き声に激しく反応したメイショウオウドウは彼方へと走り去り、バカ家族は葬式のように一気に静かになった。

ご愁傷様です。


メイショウオウドウは競走馬時代には気性が荒く、その類稀なる能力を完全に発揮していたとは言い難い。
種牡馬となった今でもその荒さは変わらないのであるね。


もちろん、このような気性の激しい馬ばかりではない。

全く対照的な名馬とボクとの出来事は、また後日。


最近、「また後日」ばっかりだ。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 11:01Comments(9)TrackBack(0)