June 15, 2007

うんこ色吐息

水曜深夜1:45。
汗だくで跳ね起きた。
なぜこんな時間に目覚めたのか。
考える猶予もなく答えは明らかになった。
みぞおちを中心として、キュルキュルとした激痛が襲っているのだ。
人生で味わったことのない種類の痛みによって、一気に眠気は吹き飛んだ。
下痢前特有のそれでもない。
ゲロを吐く前特有の胃のそれでもない。
無理に表現するなら、激しい腹筋運動を強いられた後のような痛み。
うつ伏せになってみたり、ベッドに腰をかけてみたり、部屋中を歩き回ってみたり、座禅を組んでみたり、深呼吸してみても一向に激痛が軽減される様子は窺えない。
それどころか息は荒くなる一方で、おでこからは拭いても拭いても尋常ではない量の汗が滴り落ちる。

何が原因だ!?
変なものを食ったか?
思いを巡らす。
昨晩は500mlビール(発泡酒)片手に宅配ピッツァMサイズ1枚を平らげた。
その後はさつま白波(黒)のロックを2杯。
ほろ酔いでブログ制作。
宅配ピッツァに問題でも?
まさか競馬をハズしすぎだからか?
梅雨入りしたからか?
日頃の行いが悪いからか?…これは思い当たる節がありすぎる。

時計は2時を差していた。

もう少し様子を見よう。
じゃないと同僚に負担がかかる。

でももう限界。
救急車だ。
119番の覚悟を決めて体を起こすと、徐々に痛みは和らいだ。
格闘すること30分。
電気を点けたまま眠りについていた。

朝、オカンにそのことを告げた。
胃痙攣、腸捻転などが候補に上がったが、どれもこれもしっくりくる答えに到達できなかった。

いつまたあの痛みが再発するのか不安で不安で仕方なかった通勤途中。
同僚に聞いてみよう。

…待て。
同僚!
ふとある経験談が脳裏を駆け巡り、衝撃が走った。
まさか、まさか!

こちらを御覧下さい→同僚

間違いない。
うちは親父、親父の父も同じ症状で手術している。
遺伝するとも聞く。

同僚に打ち明けると「症状は極めて似てますね」との返事が。
腎臓だけでは飽き足らず、たんのうにもか…。
同僚の助言により、
・脂っこい食べ物は避ける
・食事は時間を掛けてゆっくり食べる
・腹7分目に抑える

勤務中は腹が減りすぎて気が狂うかと思った。
腹7分目と念を押されたが、実際は5分目にも満たない量で食事を終えた。
またあの痛みがぶり返したら、深夜に同僚を呼びつけなければならず、多大なる迷惑がかかる。
少食のボクが苦しむんだから、よっぽどのことであると推測していただきたい。

空腹を耐え凌ぎ、幸いにも仕事中に痛みは襲ってくることはなく、仕事明けに病院へ。
ここの医師は親父の心筋梗塞を逸早く発見し、命を救ってくれた。
胆石はレントゲンでは見つかりにくく、エコー検査のみで発見される。
が、エコーでは何も発見されなかった(腎臓の石はやっぱりあった)。

胆石ではない。
すると医師は恐ろしい事実を告げる。

「胆石でないとするなら、同じ症状として考えられるのは『狭心症』です。」

狭心症…。

即ち、心臓に異常があるというのか。

心電図検査に移る。
鼓動はこれ以上ない速さでリズムを刻んでいる。
冷たい吸盤を装着され、祈るような気持ちで結果を待つ。

「心電図も異常はないですね。」

ふう…。

「今回に関しては原因が判りませんが、また同じ症状が出たら親父さんが持ってはる『舌下錠』を試してみてください。」
舌下錠とは所謂ニトログリセリンを指し、心筋梗塞を患った親父は肌身離さず携帯している。
症状が表れたときに舌の下に含めば、2,3分で発作が治まるというもの。
親父が所有しているニトログリセリンを少し拝借し、ボクも携帯することに。
心臓の病気も遺伝するのか?

だがしかし、もし狭心症ならば必ず心電図で異常が表れる。
だから狭心症などではない。

じゃあ、あの断末魔のような苦しみの正体は?


実はこの日の夕方、整骨院で腰痛軽減のための正しい腹筋運動の方法をレクチャーされていた。
回数は少なくとも腹筋が痺れ、鍛えられているのが手に取るように分かる。

そこでだ。
これが脳裏に残り、夢の中でも健気に腹筋運動に精を出していたが、夢を見ながら寝惚けて現実世界でも腹筋運動を実行していた。
ボクには夢遊病のケがある。
ここ数年は腹筋運動を怠っていたため、久方振りの腹筋運動により腹筋の捩れの痛みで目が覚め、その痛みが目が覚めてからの30分間も続いた。

よし、この説で手を打とう。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:59Comments(7)TrackBack(0)

August 09, 2006

イシ

火事を激写した日の午前、健康診断を受診するために本社へと向かった。
昨夏のこの健康診断で尿の潜血異常「+++」との診断を受け、紹介状を手に某市民病院でエコー検査、レントゲン検査を経て、めでたく右腎臓の石発見とあいなった。
挙句の果てには体に造影剤を注入され、「ガン」の二文字までチラつかされた。
石を出すためにお腹を下してまで水を来る日も来る日もガブ飲みし、その後の数回にわたる検診では尿の潜血異常は出なかったものの、レントゲン写真にはまだ右腎臓にしっかりと石が激写されていた。

全てはこの健康診断が始まりだったのだ。

ズバリ、この日の尿も、ここ何回かの検査同様、潜血異常は出なかった。
紙コップに尿を注いでる途中で尿の透明感を目の当たりにし、「勝った!」と確信。
かっこよくガッツポーズを決める。右手で。
キマッた。
キマりすぎて、自分に惚れる。
ガッツポーズをバッチシ決めた際に、おちんちんがぷるるんと揺れ、同時に尿が紙コップから逸れて、紙コップを持っていたボクの左手の親指の付け根に尿がぶっかかってしまったのはご愛嬌。

手の相が消滅せんばかりにいつもより念入りに手を洗った後、採血である。
この3週間で3回目の採血。
クラクラして、血を吐きそうだ。
一度、採血時に吐いてみたかったセリフを温めていたので試してやろうとしたが、注射をぶち込む看護婦さんがベテランさんだったために断念。
どんなセリフかは教えません(セクハラなセリフではないぞ!)。

ショッキングな出来事は身長測定で発生。
1cm近くボクは縮んでいたのだ。
「身長は何センチなんですか?」と尋ねられたら
「174センチメートルなんですよ」と返答していた。
これからは
「174センチメートルでした」とお返事しなければならなくなった。クソったれが!

体重は相変わらず60キログラムの壁を超えることはない。

視力は両の目とも1.5。
目標は5.0で、いつか服が透けて見えるようになりたいというステキな意志は持っていない。

問題の心電図。
乳首周辺に冷たいゴム的な物をピタっと吸い付かせよる。
イヤン!
こそばゆいのである。
生暖かい接触ならばドンと来いなのだが。

最後に問診。
赤いデキモノが発生し、完治した件を報告。


異常無しだった。
但し、脳みそは含まれていないものとする。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 20:16Comments(9)TrackBack(0)