August 20, 2007

ヒップ・リターン

バイク走行中、中央分離帯に接触して膝下10cmから切断していたことに気付かず2kmもバイクを走行し続けていたという俄かに信じられないニュースが報じられていたと、ヒロキジーニョが目を丸くしながら伝えてきた。

巷でよく耳にするのは、「何かに夢中になっているときは痛みを感じない」。
スポーツ選手では顕著ですな。
その事件の当人である54歳のおやっさんも楽しいツーリング最中だったので分からなかったんだろう。


数年前から腰痛を抱えていたボク。
一昨日から痛みが増してきたなと危惧していたら、昨晩、仕事からの帰宅途中で痛みがピークに達し、前屈みで散歩中のジジイのようなトボトボ歩きで家に辿り着いた。
腎臓結石でお世話になっているI市民院は泌尿器科の先生しか当直がおらず、T病院を紹介してもらった。
格好はブサイクだが辛うじて歩行可能なので救急車を呼ばず、オカンに運転を依頼し、夜間病院に急行。

ここの先生は整形外科ではなく外科だったようなので、寝た状態で足を上げたりしてヘルニアかどうかを看る、軽い診察しか施してもらえなかった。
「整形外科担当が勤務している火曜日にまた来てください。では薬を出しておきます。」
そのまま終わりそうな雰囲気だったので、
「先生、とりあえずこの痛みを今だけでいいんで、すぐ引かせてほしいんですわ。」
と縋ると、
「それじゃあ、一発放り込んどきましょうか。」

座薬のお出ましである。
ご無沙汰しております。
軽く一礼。
座薬さんとは、あの時以来だ。→ゴールドフィンガー

当時は残酷なる「裂け痔」を発症した。
そして今回が「腰痛」。
下半身ズタボロ…。

眼鏡をかけた若くてかわいい看護婦さんが
「お1人でできます?お手伝いいたしましょうか?」
顔を覗き込んできた。

「ええ、お願いします!」

言わない言わない。
誰が頼むか!
「入れることはあっても入れられてはイカン!それが男ってもんじゃないのかい?」
自分に対して浪花節を炸裂させ、
「いえ、自分でやります。」
京本政樹風の流し目で返答。
でも姿勢はジジイそのものだ。
それにあんなにかわいい看護婦さんが股間に肉薄しようもんなら勃起は免れず、別のお手伝いを依頼しなければならなくなる。
というか既にアルデンテ勃起を発症していたのだ(コラコラ)。

隣の部屋で1人になる。
本当は歩くのも辛かったはずなのにいとも簡単にウンコ座りできたのは、お手伝いを拒否した意地もあったのだろう。
しゃがんだ時に少し便意を催したが、兎に角、早く放り込んで痛みから解放されたい。
でもこの便意が曲者だったのだ。
痔の時はあっさりぶち込めたのに、今回は肛門括約筋の神懸かり的な活躍により拒否された。
へこたれるわけにはいかず、何回も何回もトライ。
でもその度に座薬さんが鳩時計のようにヒョッコリヒョッコリ顔を出してきやがる。
座薬はヌルヌルし、若干ではあるが溶けてきた。
早くしないと看護婦さんが心配して入室してくるではないか!

最後の力を振り絞ってグイっと押し込み、座薬入れの権威である親父のレクチャーを思い出し、ムクッと立ち上がると、肛門ちゃまは遂に座薬さんを受け入れてくれた。

洗う前に手を軽く臭ってみた(アホだ)。
鼻に届いてきたのは、やっぱりあの臭いだった(当たり前やろ)。
水量を最強にし、指紋が消えかねない勢いで手を洗浄。
ハンドソープのピストンは何度シュコシュコさせたか判らない。

そして入ったはいいが、次は強烈な便意が襲ってきた。
今、うんこを漏らしてしまうと(漏らさんでええやろ)、肛門ちゃまが「待ってました!」とばかりに茶色に変色した座薬を吹き飛ばすだろう。
ここは忍耐力が試される。

命からがら部屋を出て、
「何とか入ってくれました。」
メガネ看護婦さんにピースサインで告げると
「長かったので心配してたんですぅ。」
ハニカミながら答える。
キュ、キュートすぎる!

「ボクに座薬を入れてくれないか?」
プロポーズしてしまいそうだ。

「お薬は3本です。お大事に。」
薬を手渡す彼女の左手薬指には、リングが控えめな光を放っていた。

ボクは前屈みで散歩中のジジイようなトボトボ歩きで病院を後にした。  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:03Comments(7)TrackBack(0)

October 12, 2006

日本人

中学時代は文系でも理系でもなかった(体育会系ではあった)。
運動会でもそうだが、勉強でも1番にはなれなかったのは、さしたる「特徴」に欠けていたからかもしれない。

高校に入学してすぐ、ボクの向かうべき方向が計らずも明確になった。
数学の最初の授業は「因数分解」。
深い衝撃を受けた。
先生が黒板に書く数字の意味がちんぷんかんぷん。
式ではなく、ボクの脳みそが再生不能に分解されてしまった。
この悲劇を境に、この後、ボクは文系を選択することとなる。

この選択は間違っていなかったと確信したのは、物理の授業を受けた時。
因数分解どころの騒ぎではない。
「この机の上に教科書がじっと留まっているのは、地球が教科書を引っ張っているからや。」
なんじゃその理屈。
屁理屈だ。
地球の重力をGとするととか、そんな細かい事よろしいですやん。
もっと楽しくやりましょうや。

しかしながら成績がギリギリのラインを切ることはなかった。
なぜだろう?

意外な落とし穴は文系のある科目に潜んでいた。
ズバリ「現代国語」。
現代国語の成績が赤点のため、卒業まであと僅かというところで課題を突きつけられ、この課題を提出しないと卒業できず、留年してしまうぞとのご通達である。

赤っ恥ですよ。
だって日本人である、ボクは。
日本人で「現代国語」の成績が赤点て…。
ちょっと日本語に詳しい外国人のほうがいい点数取れるかもしれんぞ。

さて、その突きつけられた課題が、森鴎外の「舞姫」の全文書写&現代語訳である。
書写のみならず現代語訳までなんて、そんな殺生な。
確かにボクが悪いですよ。
「この一節から、作者の訴えたかったことを述べよ。」という問題で、ヤケを起こしていたため答えの欄にオフザケで
「死人に口なし」と書いたことは謝る。
でもさ、量が膨大すぎますよ、先生!
訴えが通るわけもなく、ボクは泣く泣く課題を遂行した。

何度もへこたれそうになった。
鉛筆を持つ手は痙攣を起こし、慢性化した首のコリは悪化の一途を辿った。
腰痛も再発した。
おちんちんは無事だった。
もう、てんてこ舞いだったのである。

でも、年下の連中と同じ学年にはなりたくないというちょっぴり情けない気持ちがボクを後押しし、ギリギリ間に合って、めでたくみんなとともに卒業できた。
あの時流した涙ほど、真実味のある涙はない。

まあ、結局浪人したから同じ学年にはなったんやけど。


不思議なもんで、舞姫の内容は全く覚えていない。
舞台がドイツだったことくらいかな?

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:02Comments(5)TrackBack(0)

June 30, 2006

手遅れになる前に…

プロレスラー小橋健太が腎臓ガンに侵された。
39歳で、である。
早期発見とのことだが、若いだけに進行は早い。
一日も早い回復を祈っている。
無事、生還してほしい。
ボクは彼のことをよく知らないが、他人事ではない。
彼は前兆として

「腰が痛い」

と訴えていたそうだ。
ボクも昨年頃から腰が痛くなった。
幸いなことに「ガン」ではなく右腎臓に発見された「石」の影響であることが精密検査によって明らかになった。
小橋健太のガンは僅か4,5cm。
ボクの石もたった3mm。
高がこんな大きさで腰に影響をもたらしてしまうのである。
人間の体って、意外とちゃちいのだな。

ガンで思い出したが、TVで「ガン探知犬」の活躍振りが放送されていた。
ヒトの口臭を嗅ぐことによって、ガンかそうでないかを判別でき、今や初期段階のガン患者も嗅ぎ分けてしまうスパードッグなのだ(名前忘れた)。
その判別できるガンは十数種類に上り、中でも発見が難しく、尚且つ進行の早いすい臓ガンも嗅ぎ分けることができるのは画期的であるとのこと。

調教した人もえらいが、やはり犬がえらい。
こんな立派な犬がいたらなあ…。


ハッ!!
うちにもいるじゃないか!!
過去3匹飼っていた我が家のペットの中でも群を抜いて番犬としての役目を果たしている♀の愛犬「ラヴ」が!!
すっかり忘れていた。すまんすまん。
彼女なら出来る!
よーし!まずは、ヤツの好きな物を嗅ぎ分けれるかどうかから根気良く躾けて一稼ぎ!…基、人命救助に一役買ってやるか!
おーい!
ラヴー!

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 21:03Comments(13)TrackBack(0)