March 11, 2008

傍聴機関車

先週木曜日、久方振りに裁判傍聴目的で、大阪高等・地方裁判所を訪れた。
偶然、羽賀研二こと當真(とうま)美喜男被告の被告人質問が地裁で10時〜17時もの長時間に亘って開廷されていたのだが、整理券なしでは入廷できないので仕方なく諦め、他の裁判メニューからヤクザが首を突っ込んでいなさそうな安全、且つ穏やかな雰囲気を醸し出している案件を3つ選択した。
その中で最もディープであると判断した案件を今日は綴る。

事件の概要
深夜、大阪市城東区のバーでビールをコップ1杯飲んで店を出たKは、帰宅すると同性相手のI.Yが姿を消していることで動揺し、原付で警察に向かった(この時点で飲酒運転だ)。
同性相手の捜索を嘆願するためである。
その道中でタクシーと接触事故を起こしたKは走って逃走。
タクシー運転手は走って後を追う。
家に逃げ込んだKは玄関扉を施錠し、篭城。
騒ぎで駆けつけた警官らが扉を開けるよう説得すると、Kは麦焼酎「神の河」のボトルをストレートでガブ飲みするや、空いたボトル、自宅の衣装ケース、洗濯機などを玄関扉に投げつけ、衣類に火を点け抗戦。
篭城開始から2時間20分後の午前4:20。
警察がチェーンソーで扉を強引に扉を破壊して開けると、包丁を手にしていたKを確保し、逮捕した。

そんなところである。
TVでも報じられていたので記憶の片隅に留めている方もいらっしゃるかもしれない。
この日は「放火」についての2回目の審理のようだ(実際は「建物なんちゃら放火」というややこしい罪名だ)。
ネットニュースにはKは「自称無職」とあったが、実際は建築関係の仕事に就いているようで、社会復帰した際にもそちら方面への再就職を希望している。
参考として、被告人Kの声や喋り方は吉本芸人「中山功太」似で、かなりハキハキと発言する。
髪型はドリフターズ加入直後の「志村けん」のようなボサボサ頭。
上下ジャージ姿。

以下、Kの主張
・接触事故を起こした事実は覚えている。
・逃げたのは、タクシー運転手が追いかけてきたからである。
・家に逃げ込んだとき、何者かが扉を叩いているのは理解しているが、それがタクシー運転手なのか、警察官なのか、アパート1階の住人なのか、はたまた仕事場の人間なのかまでは判別できなかった。
・アパート1階の住人とはトラブルが絶えなかったし、仕事場の人間にはしょっちゅう「殺すぞ」と言われていた。
・ただ、なんでそんなに自分を表に出そうと躍起になっているのかは分からなかった。
・寧ろ早く去ってほしかったし、包丁を手にしたのは殺されるかもしれないと察知したからであり、殺されるぐらいなら一戦も辞さない覚悟だったからである。
・火をつけたこと、及び火が上がっていることは覚えてないが、今考えると自分しかつける人間はいないと思う。

検察からの「玄関扉に投げつけた衣装ケースはどれくらいの大きさですか?」の質問に対し、Kは身振り手振りで大きさを示していた。
裁判長が「その証言台ぐらいの大きさですね?」と合いの手を入れたが、「違います」と断固反論し、改めて身振り手振りで大きさを示したが、どう見ても証言台と同じ大きさだった。

検察…あなたが部屋にいる時、扉の外側の人から何と言われましたか?
K…「K君、飴玉をあげるから出ておいで。」って言われたんですけど、「この人ら、ホンマにくれるんかな?」って思いましたね。

検察…「あなたは供述調書で、扉の外側の人間に対し『眠いから帰れ!』ではなく、『眠たいので帰ってください』と訂正させたり、『火つけるぞ!」』ではなく、『火つけるぞ!』と訂正させたのは何故ですか?
K…兎に角、話し相手が欲しかったんですよ。それでH刑事と喋っているうちに自分の中で作り話が出来上がって、そっちの表現の方が都合が良かったんですよ。

また、Kは酒を飲むと20回に1回は記憶を失い、50回に1回はもっとハイレベルな記憶喪失に陥るアルコール中毒患者で、事件当日のことは断片的にしか覚えていないことと、躁鬱だと自分で主張しており、弁護人も精神鑑定を要求している。
次回はKの母親が弁護側の証人として情状酌量を狙いにくる。

当事者ではない友人Yとボクのここまでの見解は、敢えて記さないでおく(まあ、大体想像つくかと思いますが)。

友人Yはこの日が傍聴デビューですっかりハマり、この裁判の行方を見守りたいと強く願い、次回はいつだ?と目を輝かせていた。
その次回審理日として4/17を裁判長が提案すると、弁護人が「その日は午前午後とも神戸です。」と返答したため、4/14の16時からで落ち着いた。
「待て!」
その日は友人Yもボクも仕事ではないか!
法定中に響き渡る声量で「意義有り」と唱えたかったが、認められるわけないし退廷を命じられても恥ずかしいので、ボクらの代わりにこの裁判の行方を誰か知らせてください。
因みに次回審理日を相談中、Kは「4月上旬に建築の資格の試験があるんですけど」と弁護士に対して懇願していたが、軽く無視されていた。

また特筆すべき点は、ヒールの高いブーツを履いていた書記官の女性がエビちゃんを彷彿とさせ、色気ムンムン。
完全にボクを虜にした。
「君を裁き、『美女罪』を言い渡して、ボクの家に閉じ込めるのは難しいことではないんだよ。」などと、御用となったどこぞの高校の校長のような脅迫は一瞬たりとも浮かばなかったことを付け加えて、日記を結審する。  

Posted by foe1975818 at 22:11

July 05, 2006

決着

300万円でケリがついた。

ロビ家における長きにわたる骨肉の財産争いは、7/4の調停で終止符を打った。
どういう基準ではじき出されたか分からん1000万を要求し続けた相手側は、こちらが痛いところをついたために意気消沈。
これ以上を要求したなら裁判に持ち込むぞと、こちらが線を引いた300万円で泣く泣く了承した。

では300万円は、どのようにして相手側に渡るのか?
つまり、どのようにしてこちらは渡すのか?

A.銀行振込である
となると振込時に手数料がかかる。
調停員に「手数料ぐらいは出してあげてください。」と告げられたが、速攻で拒否。当たり前である。
調停員は了解した。
振込先はU○Jだそうだが、「U○Jはうちの近くにないので他の銀行から振り込みます。」と告げた(実際はごく近所にある)。
調停員は了解した。
「では、明日か明後日に振り込んでもらえますか?」…調停員
「無理です。そんなお金は、どこぞのセレブ美容外科医と違ってすぐに用意できません。」…両親
「そうですか…。では7月末日まででいかがですか?」…調停員
「分かりました。」…両親

今朝、仕事から帰宅してすぐに、そのようなやり取りがあったと、調停に出席した両親に聞かされた。
「7月末までなら、7/31に振り込んだれ!」…ボク
「言われんでもそのつもりや。さらに振り込むときは機械じゃなくて店員のおる窓口で振り込んだる。機械で振り込むより窓口の方が手数料がかかるからな。ハッハッハ!!」…両親
さらに父親は続ける。
「これでホンマに終わりや。我が家に漸く安堵のときが訪れるんや。いわば独立記念日や。あいつらがどこでのたれ死のうが知ったこっちゃない。韓国民も北朝鮮に対して同朋のよしみという情けは捨てて、ワシみたいに見切りをつけなアカン!!」
「おうおう、言ってくれるやん。ほんならオヤジが死んでもあいつらには知らさへんぞ?」
「当たり前じゃ、そんなもん知らさんでええ。葬式に来られたら胸くそ悪い。でもな…、オレが先に死ぬと決め付けてるお前も胸くそ悪いわ!」

今日は久々に親子3人ほろ酔いである。  
Posted by foe1975818 at 21:30Comments(10)TrackBack(0)