July 30, 2006

魂の叫び

イギリス競馬の伝統G気鵬罎日本代表のハーツクライ(♂5歳)が敢然と参戦したが、惜しくも1着から1馬身差の3着に敗退した。
ルメール騎手の仕掛けが若干早かったのでは?との向きもあるようだが、ボクは全くそうは思わない。思いたくない。
なぜなら、残り200mほどで先頭に踊り出た瞬間、ルメールの手応えや、ハーツクライのこれまでの日本での戦い振り、ドバイでの圧勝をこの目で見た限り(ブラウン管を通してやけど)、このまま伸び続け、先頭でゴールを駆け抜けて勝利を収めると確信したからである。
しかし、現実には残り100mでバテた。
それは初めて経験するタフなコースと、ハーツクライ自身がこれまでで最もレース間隔が空いた影響であって、もう一度、同じメンバー、同じコースで対戦したならば勝てる。絶対。

興奮した。
先頭に踊り出たとき、
「そのまま!!!」
ボクは深夜に絶叫した。

消極的な敗戦を食らうぐらいなら、強引過ぎるぐらい積極的に仕掛けて見せ場を作って敗退してくれた方が、金をハッてるこっちは納得がいくってもんだ。
断っておくが、ハーツクライ-ハリーンラン-エレクトロキューショニストの3連単での身内の賭けにボクは決して敗退などしていないし、必要以上に落ち込んでもいないので、ご安心を。


一方、合法の競馬では、起こってはならない事件が勃発した。
負け方にも種々あるが、今日は競馬人生でワーストである。絶対。
「勝負はこのレースに決めた!」
そう高らかに宣言していたのに、なぜ、勝負レースを変更したのだろう?
新潟11Rの予定を、急遽、新潟10Rに繰り上げたのだ。
魔が差したとしか思えない。思いたい。

結果は最悪。
新潟10Rのボクの本命馬スプリングドリュー(♀6歳)は痛恨の3着。
資金が枯渇したボクは、当初の勝負レースである新潟11Rを妙な胸騒ぎを覚えつつも指を銜えて見つめるしかなかった。
「これで新潟11Rでスクールボーイ(♂6歳)が来たら発狂するわ。」
冗談めかしてボクが口にすると、
「発狂せえや。」
父親は返した。

そして、新潟11Rは…。

スクールボーイめ…。



今日は謹慎を解いて、飲む!
じゃないと発狂が治まらない。治めない。  

Posted by foe1975818 at 17:05Comments(6)TrackBack(0)