October 28, 2007

ドロドロ

ボクがO阪K済大学在学時、様々な業種の「成功者」のありがた〜いお話を聴く、「経営学特殊講義」なる授業が開講した。

どんな方が来られたかは忘却の彼方へと消え去ったが、唯一記憶しているのが、浜田益嗣氏。
妙に迫力のある口調で、目つきの鋭い脂ぎった白髪初老だった。

氏の息子が、現在の赤福の社長・浜田典保氏。

赤福なんて生まれてから1000個ぐらい食ってますが、食べてすぐ下痢するなどの食中毒に見舞われることはなかった。
アスベストみたいに数10年後に爆発しないとも限らないが、仮に病気を発症したとして、それが赤福餅のせいと断定する証拠は、おそらく無い。
普段の生活の不摂生や、遺伝、その他の影響かもしれないし。

要は、もう遅い。

でもやっぱり嘘表記はいただけなかった。

営業再開したとして、提案する。
初めから表示してくださいよ。

「この赤福餅は古いものを再利用しています」と。

で、正規のものより安く売る。
ボクは安いのを買いますよ。
以前は賞味期限を異常に気にしていたが、最近はどうでもよくなったし。
一番の理由は、多少味が劣っていてもボクみたいな味オンチならどうでもよいということ。

無論、健康に即、被害を及ぼさないという証明をしておかなければならない。
もしアンコじゃなくウンコを練り込むなどの暴挙を犯したらただじゃおかねえ。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 13:11Comments(6)TrackBack(0)