September 09, 2007

誕生

下半期に入って、ボクの生活のリズムにある変化が表れ始めた。

それは、家で飲む酒の量が増量中なのである。
仕事の関係で毎日は飲めないので飲む日数は増えていないし、元々そんなに飲めないので増えたところで成人平均と比較しても大したことない量だが、1回に飲む量が毎回ボクの致死量近くに達してしまう。

でもよくよく思い出してみると、去年の今頃も増加していた。
即ち、夏は激増しているのであるね。
ジムで泳いだ後のビールが美味いんですな、これが。

最終的な結論としては、「ビール腹」さえ回避できれば、それでいい。

酒を飲めるようになるかならないかは環境や遺伝などの要素が絡み合っていると推測するが、急に酒に強くなる可能性は酒を飲む人なら誰でも秘めていることが明らかになった。

先日のビアガーデンで恐ろしい事実発覚。
60歳を超えた伯母さんが、酒豪への覚醒を果たしていたのだ!
ビールに焼酎、カクテル、ワインにウイスキー。
ありとあらゆる酒類を、顔色一つ変えずグビグビいく。

「伯母さん、飲みすぎやで。」

グラスを取り上げると、年甲斐もなく拗ねてしまったほどだ。
昔から飲めなかったワケではないが、自分がいくら飲んでも酔わないことを最近自覚したようなのね。
冷蔵庫の8割は酒類が占めており、毎晩、ビール500ml缶を3本は空けないと気が済まないらしい。
それでいて内蔵は健康そのもの。
誰に似たんだろう?

娘に連れられたバーで、その飲みっぷりの良さに常連客から

「スター」

と、錦野旦を差し置いて命名された。
ようわからんネーミングだ。
常連客も酔っ払い気味だったんだな。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 15:01Comments(5)TrackBack(0)