August 22, 2007

鉄腕への道はダッシュしかない

スポーツ選手の寿命が延びている。
昔に比べれば体のケアの方法も随分と発達した。
昔はヨシとされていたトレーニングが現在ではタブーとされているものもある。
うさぎ跳びは廃れて罰ゲームへと堕落したし、水を一切飲まずに練習し続けていたあの時代なんてのは一体何だったのだろうか?
めっちゃしんどかったっちゅうねん。
もっとも、今は当時よりも暑さが段違いなんだが。


中日ドラゴンズの超ベテラン山本昌投手。
今年42歳。
名球界入りの条件とされる200勝まで、あと残り僅か。

「どんなトレーニングをすれば長く投げ続けられるんですか?」

彼は佐藤義則氏に問うたことがある。
佐藤義則とは、阪急ブレーブスとオリックスブルーウェーブで長きに亘って活躍した大投手で、山本昌が41歳1ヶ月の最年長ノーヒットノーランを記録するまで、氏が40歳11ヶ月の記録保持者であった。
氏は山本昌の問いに対してこう答えた。

「短い距離をしっかり走り込んでおけ。」

長い距離をダラダラ走るのではなく、短距離ダッシュを繰り返し繰り返し行う。
誰もが一番行いたくない練習である。
当然のことながら、その辛いトレーニングを自分に課し、実践せねば長続きはしないし、それどころか故障続発で実力の半分にも満たない成績しか残せずその世界を去ることになるのだ。
山本昌はこの助言を忠実に実行し、長きに亘り活躍している。
驚くべきは、球速が毎年アップしている点だ。

やっぱり下半身が肝要なんじゃな。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:16Comments(3)TrackBack(0)

August 14, 2007

無理です

昨日の第一試合に登場していた常総学院のエースは素晴らしかったなあ。
高校生で針の穴を通すあのコントロールは末恐ろしい。
きっと高校野球生活で一番の出来だっただろう。
それでも敗退するんだからわからないもんだ。
延長12回を1人で150球以上投げ抜いた彼には「お疲れさん」と伝えたい。

それにしても暑い、暑い。
うだるような暑さのため、熱中症と見られる症状で脚に痙攣を発症したりする高校球児が続発。
そんな直向きな彼らに向かって「こっちは金をかけとるんや!」とは口が張り裂けても言えないが、球児はそれぐらいのプレッシャーを背負い、へこたれないよう全力でプレーするように!


甲子園出場は私立高校にとっては客集めの格好の道具。
赤字覚悟で暫くは学費免除の特待生を大量に呼び込んでも、念願叶って甲子園に出場して名を売れば、何もしなくても学生は集まってくるようになり、大儲けできる。

これは大学への合格者数も同じ。
勉強のできる大学へ何人合格者を輩出できるかが客集めの格好の道具と化している。
そこに私立高校側は躍起になっている。
少子化の歯止めが利かない中、その傾向に、より一層拍車がかかってくるだろう。

で、拍車が違う方向にかかって、「合格者数水増し事件」の勃発である。
どんなに御託を並べようとも、嘘を吐いてはいけない。
朝青龍も「腰痛治療」と届け出ているなら、あんなにはしゃいでサッカーに興じてはいけない。
巡業を休みたいなら、それなりの自説でもって相撲界を説き伏せてから堂々と休めばよかったのだ。

少し話が逸れたが、親の側からすれば「東京大学100人合格!」とか「関関同立200人合格!」の看板だけで「我が子をそこへ送り込もう」って簡単に決めるかな?
大事な大事な我が子を預けるわけだから、合格者数などという薄っぺらな数字よりも、もっと細部に渡る調査を行なってから進学する学校を決めるのが普通でしょう。
学校側はその辺が見えておらず、数字だけで客集めに走り、華麗に自爆した。

その数字に踊らされて我が子を入学させようとする親は、もっとお話にならない。
甲子園出場がどうとか、勉強のできる大学へ進学できるかどうかは過去の数字など全く関係なく、結局は本人のやる気次第だし、そもそも子供へ過度な期待をかけるのは親への反感を募らせ、その刃が親に向けられる悲しい殺害事件を誘発するだけ。
それに、「蛙の子は蛙」って言うしね。

ボクは息子を高校球児に育て上げ、甲子園出場の暁にはそのチームの単勝に賭けてまずは軽く儲け、プロ入り時の契約金で悠々自適の生活を目論んでいるなどと大きな夢を描いています。

…アホなこと言わず、目の前の賭けに勝利するために今日は園田競馬場に出陣して大儲けしてくるぜ!

って、「だからそのアホな逞しさが命取りなんだってば」って頭では理解しているのに、気付けばあの鉄火場に仁王立ちしてるんだろうな。
そして負けすぎて気を失うんだろうな。

こんな予想は当たるのよね。  
Posted by foe1975818 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)

August 09, 2007

怪物

ある1人のヤクザがいる。
広島で後に組長にまで伸し上がることになる彼は結婚。

1989年4月22日。
広島市で産声を上げた次男坊はすくすくと育ち、類稀なる野球の才能を授かった。

父親から引き継いだでかい体格を生かし、竹屋小3年時に投手兼捕手として野球を始める。
国泰寺中3年時に日本代表に選出され、世界大会準優勝。
その中学時代に投手として141km/hをマーク。
シニア最速投手として全国にその名を轟かせた。
しかし意外なことに、全国の強豪高校による彼の争奪戦は繰り広げられるどころか、一斉に手を引いた。

高校側が獲得に二の足を踏んだ理由。
それは中学時代に野球と平行し、手のつけられないヤンチャ坊主だったからである。
受け入れてくれる高校を探すのに苦労したぐらいだから、そのヤンチャぶりは浮き彫りになる。
父親から引き継いだのは体格だけではなかったようだ。

各校が獲得から手を引く中、唯一、手を挙げた高校が大阪の全寮制の超名門野球部。
高野連も公認する超特待生として入学し、野球に打ち込んだ。

ここまでの彼の経緯に関しては、どこからどこまでが本当なのかは定かではない。
ここからは確実な「情報」である。

入学して間もなくの1年夏から5番打者としてレギュラーで甲子園出場。
とんでもない速さの打球でホームランを放つ一方、投手としてもマウンドに立ち、剛速球をビシバシ投げ込んだ。
2006年には大阪府大会で4試合連続本塁打を打ち、大阪府大会連続試合本塁打記録を樹立。
同年秋季近畿大会準決勝では金属バットながら前人未到の推定飛距離170mの大場外弾を放り込んだ。
2007年7月5日、練習試合で高校通算本塁打記録となる87本目のアーチを描いた。

ところが、大本命と目された最後の夏の甲子園大阪大会決勝で、まさかの敗退。
涙を飲んだ。

彼は大会を通じて長打が1本も出ない不振だった。
ボクの見た感じでは、1年から思ったほど成長していない。
むしろ退化したのではないか?
昨年、斎藤佑樹に完膚なきまでに抑えられた影響が残っているのかもしれない。
投手との二足の草鞋を履いたため、バッティングに影響が出たとの声もあるが、それは昔から二足の草鞋だから言い訳にはならない。
もっと言うならば、PL学園時代の桑田は投手、打者の二足の草鞋で成績を残している。

因みに彼のプロフィールの父親の欄は空白。
一説によれば「離婚」となっているそうだが、それも「偽装離婚」との噂は消えない。
組長だった父親はヤクザから足を洗っているとも聞く。
ヤクザを排除しようと躍起になっているプロ球団が指名に踏み切るんだから過去の清算など、身辺整理は完了しているのだろう。

高校入学時に勃発しなかった争奪戦が、今秋、各プロ野球球団によって繰り広げられるのだ。
出身地である広島カープが争奪戦から撤退している意味とは?
ボクが最も興味を惹かれるのは、プロで成功しなかった、プロを辞めてからの進路だが…。


彼のいない夏の高校野球が開幕した。
優勝予想は、愛媛県代表今治西。
単勝10000円。
根拠は全く無し。  
Posted by foe1975818 at 00:03Comments(7)TrackBack(0)