November 14, 2007

ガバガバ

クリスタル・ケイは自分のことを「クリちゃん」と呼んでほしいそうです。
もし彼女を街で見掛けたら、多摩川に現れた「タマちゃん」の時のように、「ク〜リちゃ〜ん」と大声で呼んであげましょう。


さて、ヒロキジーニョの車の傷を気の済むまでジックリと鑑賞した後、晩飯をいつもの焼鳥居酒屋で採ることはお決まりコースだったが、それにはまだ空が明るすぎる。
そこで、友人Yも合流して3人で伊丹市の某大手のカラオケで時間を潰すことにした。

ヒロキジーニョにはRIP SLYMEの「FUNKASTIC」を再び歌わせた。
やはり歌えなかった、というか朗読していた。
KREVAの「国民的行事」を歌ったボクも大概歌えてなかったけど。
友人Yが歌ったBank Bandの「to U」も、やはり小梅太夫にしか聞こえなかった。
即ち、皆グダグダだったわけ。
ボクがGReeeeNの愛唄の1番を歌い終わったところで、喉が千切れるような痛みに襲われてテンションが下がる「グダグダ駄目押し」をかまして、居酒屋へGOした。

この某大手のカラオケは飲み放題にするか否かを入店時に決めなければならない。
ヒロキジーニョと友人Yがそんなにがぶ飲みしないというので、飲み放題を拒絶。
部屋に入ってワンドリンクを注文することに。

飲み放題を拒否したからには、ワンドリンクで3時間を凌がなければならない(ケチ臭い話だが)。
況してやこの後、焼き鳥居酒屋で酒をがぶ飲みするんだから、ここでは少量に抑えたい側面もある。

そこで3人が満場一致で下した決断は「ジャンクリ3つ」。
これなら3時間を凌げる。
「ジャンクリ」とは「ジャンボクリームソーダ」の略であって、ジャンボな他の物の略ではない、念のため。

ボクとジャンクリとの出会いは約6年前に遡る。
新宿歌舞伎町のシダックスで友人YとY野の3人で注文した。
おそらく、ジャンクリがメニューとしてデビューして間もない頃だと思う。
運ばれてきたジャンクリを目の当たりにして我々は手を叩きながら大笑いし、運んできた店員のにいちゃんは、「これ、お前たちは飲み干せるのか?」と言いたげな半笑いだったことをよく覚えている。
あの時は夏で、喉もカラカラに乾いていたので飲み干せた。
にいちゃんに対する意地が芽生えていたことも否定しない。

その時以来の再会である。  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:59Comments(4)TrackBack(0)

October 26, 2006

いやいやいや

昨晩遅く、友人Yと伊丹市の某大手のカラオケ店へと繰り出した。
カウンターで接客してくれたのは、ネクタイをだらしなく装着した店長らしき小太りである。
ところがこの店長。
先客のデータか何かをパソコンに打ち込みながらの接客で、パソコン画面から一切顔を外さない。
さらに滑舌が悪く、我々に何を尋ねているのかがからきし拝聴できない。
店長…「$%&жΘЯっすか?」
その都度我々は
「え?」と聞き返す。
店側はお客が来店した場合、口にする言葉は毎回同じなので自然と口調がスピードアップするのは致し方ない。
よくわかる。
でもお客は初めて来店する人が多いのだ。
面倒くさくとも丁寧に応対すべきである。

この店長のかてて加えて頂けない点は、我々が「え?」と聞き返した後も口調が少したりとも改善されないのだ。
っすか?」
全くOKではない。
聞くに堪えない口調に痺れを切らした友人Yは
「喫煙OKの部屋で。2時間」
と、おそらくこういうことを尋ねているのだろうとの推測で解答した。
「かしこまりました。」
店長は、顔を上げてかしこまってくれた。

顔を見た途端、我々の心のつっかえ棒が綺麗に外れ、バラバラになっていたパズルがピタっと嵌った。
店長は体格といい、顔といい、アゴといい、舌足らずな口調といい、必要かどうかわからないネクタイといい、どのピースを摘まんでもアンタッチャブルの山崎に激似なのである。

部屋に向かう途中で笑いを堪えきれなくなった我々。
カラオケどころではなくなった。

ところが、個性的なのは店長オンリーではない。
最初のワンドリンクをを注文し、持参してくれたのはおばさん。
ボクはT-BOLANの「離したくはない」を夢中で検索していたため気づかなかったが、おばさんがしゃがんでジュースをテーブルに置いたときにパンツが丸見えだったそうだ。
友人Yは
「注文したこのカルピスウォーターみたいな色やった。」と全く余計なお知らせを寄越した。

吐き気を催しつつも本来の目的であるカラオケは物真似カラオケに終始した。
殊更ウケたのは、友人Yが披露したBank Bandの「to U」。
この歌はミスチル桜井と女性ヴォーカルSalyuのデュエットで、友人Yは両パートとも物真似でいとも簡単にこなした。
そのSalyuの物真似であるが、どう聴いても小梅太夫にしか聴こえない。
本人も自覚しており、途中からはSalyuではなく、桜井と小梅太夫の「to U」へと堕落した。
自称お笑い芸人の小梅太夫を目にしてクスリとも笑ったことはないが、小梅太夫の物真似はウケることを発見できたことが収穫だった。

お約束どおりclassの「夏の日の1993」をハモってカラオケは恙なく終了し、お会計である。
相変わらずカウンターにはあの店長が構えていたが、下っ端の店員に咎められていた。
どうやら客が注文した品を全く別の部屋に持っていくよう指示していたようなのだ。
まともに喋れないわ、注文を誤って指示するわと、典型的なダメ店長である。
ドサクサ紛れに我々の会計のときにレジで格安の値段を弾き出してくれないかと期待に胸を膨らましたが、そこは甘くはなかった。
きっちり1人¥1,500徴収された。
帰り際、ダメ店長が

「踏

と口にした。

推測するに、「あざーっす!」だろう。  
Posted by foe1975818 at 22:09Comments(8)TrackBack(0)