July 13, 2007

平和主義

年功序列と成果主義。
会社としてどちらが効果的なのか?

1ヶ月弱前、NHKで一般人を約100人集めて成果主義に関するカンカンガクガクの討論が行われていた。
年功序列と成果主義のメリット、デメリットに関し意見を交わし、どちらがよりよいシステムなのかを討論していたはずなんだが、結局、どんな答えが導き出されたのかという肝心要なところをさっぱり覚えていない。
飲酒しながらの視聴だったためにそれも無理はないか。

ボクの意見としては、両方組み合わせてみてはいかが?である。
即ち、役職は年齢に順じてエスカレーター式に上がっていく。
しかし、役職が上がっても給料が上がるわけではなく、仕事っぷりのみで上がっていくという案である。

皆さんの会社にもいるでしょう。
「なんであのポンコツ課長がオレより金貰ってんねん!」
「こなしている仕事は同じなのに、正社員と派遣社員とでなんでこんなに格差があるんだ!」
腹立ちますよね。

ボクの掲げたシステムに落とし込むと、仕事のできない部長よりも、新入社員や派遣社員のほうが高給取りなんて現象が起こり得る。
これなら、アホな上司に振り回されたり、能無し上司に無茶な命令をされて歯軋りしている方々の溜飲が多少は下がるのではないだろうか?
所詮、金がモノを言うのだ。

全ての会社で順応できるシステムではないし、何を以って評価対象とするのか、また部下の手柄を横取りする上司がいたり、仕事のできる人間に仕事を回そうとしない上司がいたり、誰が誰を評価するのかなどなど、難しい問題が山積だが、それは各々の会社で煮詰めればよい。
あくまで草案として述べたまでで、そこまで真剣には考えていない。

この制度が普及すると、一生給料が上がりそうにないな、ボクは…。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:31Comments(4)TrackBack(0)

June 12, 2007

未払い

世の中は年金支給漏れ問題で煮えくり返っている。
今の与党が年金問題に大きな弱点を抱えていたにも関わらず、民主党を始めとする野党は突かなかった。
民主党が急に突っ込み始めたのは、確実な「裏」が取れたからである。
「永田議員と同じ轍を踏んではいけない」
あのときの教訓が生き、石橋を叩いて叩いて渡って、与党を死に体寸前に追い遣っている。
勿論、目前に控えた参議院選挙を意識してこの時期に猛追及を始めた側面も考えられる
(折角与党を追い込んでるのに、さくらパパを擁立したりするところが民主党の詰めの甘いところだ)。


ボクがまともな職業に就いた28歳以降は会社が厚生年金を処理しているが、28歳までは国民年金を払っていたことになる。
ぶっちゃけた話、びた一文払っていない。
「返ってくる保証のない金なんか払わんでええ」
親父の鶴の一声ならぬ、ツルッパゲの一声に押され、東京で独り暮らしをしていた時期は国民年金の支払いをシカトし続けた。

何年も経ってから社会保険庁に
「払ったのに年金額少ないやんけ。」
などとヤクザな要求は致しません(当たり前だ)。

支払いを意識的に滞らせていたのは国民年金だけに留まらない。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 00:28Comments(8)TrackBack(0)

January 13, 2007

後付け

京都競馬場の11レースで100円が100万円にも化ける馬券が炸裂した。
その主役を担ったのが、エイシンツルギザン。
故障による長期休養などが理由で16頭中16番人気と大暴落していたが、決して買う材料が皆無な馬ではない。
遡れば4年近く前にNHKマイルカップで2着に入線した実績を残している古豪で、長期休養明けを一叩きされた今回は、押さえておく必要が少なからずある。
このレースの本命をタマモホットプレイと認定していた(結果1着)ボクにとって、エイシンツルギザンの激走は、遣る方ない結果以外の何者でもない。
確かに、100万馬券を記録した3連単を買う資金がなかったことは認めるが、馬連の400倍を引っ掛けることは全然無理なことではない。
なぜならボクは、馬連の総流しが基本だからである。
このレースをチラ見程度の予想でスルーし、京都12レースで大損したボクは、益々奥歯を噛み締めるのである。
もっとよく新聞に目を通さなければいかんと、再認識させられた。

気を取り直して、明日の決意表明と行こう。
明日も候補が2レース。
京都10レースと、中山10レース。
京都10レースの本命に掲げるのはマーブルバルダー。
一方、中山10レースの本命に推すのはトシザボス。

さて、どちらのレースにしましょうかね。
誰か決めてくれませんか?  
Posted by foe1975818 at 22:12Comments(0)TrackBack(0)