August 16, 2006

夢列車

BBQ後、ワタロック宅へ帰宅中は、萩本欽一氏の一連の行動についてヤイヤイ言い合い、ボクは萩本氏のものまねを披露したが、全く以って似ていないと一刀両断される。
代わりにT-BOLAN ARASHI MORITOMOの君が代と、故・橋本龍太郎のものまねで汚名返上に若干成功する。

そんなアホなことに夢中になっている最中、背中の焼けるような激痛に皆は襲われていた。
全員、背中が真っ赤っ赤で、焼けるように痛い。

この日は大阪や京都でこの夏一番の気温をマークしたらしく、日差しも半端ではなかった。
しかし我々は素潜りに興じていたため、時間のほとんどは海中で過ごしている。
だから日焼けはそれほどしないだろうとの見込みは甘すぎた。
海に潜っていようが関係ないのね、日焼けって。

日焼け止めを塗っていたA君と、タンクトップ着用で素潜りに興じていたH狭罎2人は、日焼け対策バッチリだったにも関わらず、それでも日焼けをして痛いと訴えていた。
さらに、ワタロックは岩場の海藻に紛れた変な虫に肘をチクリとやられ、ヒロキジーニョは岩場に挟まったサザエを獲ろうとした際に、岩場に肩を激突させていた。
海でH狭罎魯殴蹐鯏任わ、ボクは足を攣るわ、ヒロキジーニョは鼻水がダラ〜っと垂れるわ、全員、満身創痍である。

「イヤン!」と裏声がとび出そうな冷水シャワーを片膝ついて浴び、熱を持った背中を冷やす。
さらにアイスノン的なものを背中に敷いて就寝した。
ラーメンの自販機のことをすっかり忘れ、0:00という早い時間に全員が寝ついたことが、その日の疲れを物語っている。

寝坊をかましたHの鼾で目を覚ましたボク。
H狭罎禄事情のために帰宅し、我々は朝食を取る。
「心の問題ですから」で有名な小泉首相が靖国神社に参拝したニュースが取り上げられていたが、我々は駒大苫小牧VS青森山田戦に熱中。
よくぞ6点差を追いつき、逆転勝ちした。
感動した!!
別にどちらのファンでもないが、素晴らしいゲームだった。
要注意人物は駒大苫小牧のキャッチャー。
走塁がなっていない。
焦る気持ちはわからんでもないが、チームの置かれた状況ってのはわきまえないと次戦で致命傷になりかねないぞ。
あと、1塁へヘッドスライディングする意味がわからないとの意見が出たが、ボクに言わせれば、あれは意識してやってしまうものではなく、自然と出てしまうものなのだ。
こんなボクでも部活最後の大会で無意識にヘッドスライディングしている自分がいたのだ。

熱戦を観戦後、我々4人は車でブラブラする。
ヒロキジーニョの伝説のカラオケMDを車で聴こうとしたが、MDLP対応ではなかったので、某大型電気店で聴くことにした。
コンポの電源をONにしMDを挿入。
ヒロキジーニョの若かりし頃の歌声が迷惑になるかならない程度の音量で聴き、爆笑する。
お店の方、大声で笑ってしまってすいませんでした。
悪いのはヒロキジーニョなんです。全て。

店を出た後はヒロキジーニョの「すいませんでした」事件で再び大いに盛り上がる。
ワタロック氏ご推薦のラーメン屋に向かうも、痛恨のお盆休み。
とりあえずヒロキジーニョに「すいませんでした」と謝らせる。

うどん屋で空腹を満たした後、道の駅でこの度2つ目のソフトクリームを頬張りながら休憩。
ソフトクリームが暑さに負けて融けてしまい、ムカついたので、とりあえずヒロキジーニョに「すいませんでした」と謝らせる。
ヤイノヤイノ言いながらワタロック宅へ無事、到着した。


海とは無縁の土地で育った我々内陸人にとって素潜りは新鮮だったし、またやりたいと思わせた(ボクは足が攣って、ろくに潜ってないし)。
来年はリベンジである。

背もたれにもたれ掛かる背中が熱を持ち、まだ、背中が電気が走ったようにビリビリと痛む。
しばらくは背中をゴシゴシと洗えないな、こりゃ。  

Posted by foe1975818 at 18:18Comments(5)TrackBack(0)

August 04, 2006

君がYO!

黒い力の恐ろしさをまざまざと見せつけられた亀田興毅のショーで一段と歪な光を放っていた、君が代を斉唱したT-BOLANのヴォーカル森友嵐士、改めARASHI MORITOMO。
そこだけ時間が止まっていたような錯覚に襲われた。

スポーツや亀田のときのようなショーでは、彼を始め、様々な著名人が君が代を斉唱するが、ただのカラオケ好きのボクでも君が代をアカペラで斉唱することの難しさは、想像するに難くない。
よって著名人独自の色に染まった君が代を多く聴くことができて、超ウケるのである。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 22:43Comments(11)TrackBack(0)